アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

お買い得?ドラフト下位指名で活躍した選手 BEST 5!

 

ドラフト企画第2弾!!

前回は1位指名選手について調べました。

 

今回は、ドラフトでは下位指名だったけどめっちゃ活躍した選手!!

思わぬお買い得となった選手を紹介していきます!

QB ダク・プレスコット(4巡/135位)

まずはカウボーイズの正規QBプレスコット君。
16年にドラフトで指名されましたが、QBとしてはかなり低い135番目での指名。

出身校ははミシシッピ州立大学で、強豪カンファレンスに所属してます。

Embed from Getty Images

そしてご存知の通り、現在はカウボーイズのQBとして大活躍中!NFLでの成績は40勝24敗と大きく勝ち越していて、リーグを代表する選手にまでなりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NFL(@nfl)がシェアした投稿 -

ドラフトでの順位が低かった要因は、ドラフト前の飲酒運転疑惑。逮捕はされませんでしたが、素行に問題があるかもって各チームが嫌って、ここまで順位を下げちゃいました。

でも今のところ何の問題もないし、そんなことを黙らせるだけの活躍を見せてくれてます!!

 

WR アントニオ・ブラウン(6巡/195位)

元スティーラーズの名レシーバー。
ちょっと今は無所属なんですが、現代を代表する選手です!

大学は中央ミシガン大
あんまり聞いたことないなぁ。

Embed from Getty Images

 

2010年にドラフトで指名されますが、1年目と2年目は基本リターナーとして出場。3年目から先発できるようになって、リーグ1位の成績を残すようになりました!!

スティーラーズの黄金時代を支えた3B(ン・ロスリスバーガー、レベオン・ル、アントニオ・ラウン)と言われるようにまでなります。

 

ドラフトの順位が低かったのは、やっぱり大学の強さが関係してるのかな?
中央ミシガン大学が所属してるカンファレンス(MAC)からは、その年5人しかドラフト指名されてません。

あとは2010年はWRが豊作で、27人も指名されてたのも関係あるかもしれませんね。

 

TE ジョージ・キトル(5巡/146位)

お次は49ersのタイトエンドのキトル選手。
19シーズンのスーパープレイ集でも紹介しました!

 

出身校は数多くのNFL選手を輩出している
名門アイオワ大学

Embed from Getty Images

17年に49ersから指名を受けて入団。
1年目は先発も少なかったし、そんなに活躍はしませんでした。

しかし2年目に大化け!!
タイトエンドとしてのキャッチ獲得ヤードのNFL記録を出して、一気にリーグNo.1の座に立ちます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

San Francisco 49ers(@49ers)がシェアした投稿 -

 

彼の凄いとこは、キャッチも凄いんだけどブロックがとにかく上手い。そのおかげでラン攻撃にも厚さが増して、スーパーボウルまで進出できたんだと思ってます。


そんな彼がなぜ5巡目まで残ってたのか。
ひとつは大学時代に大きな結果を残していないからでしょう。あと、現地記事によると『大学時代はたくさんのパスゲームをしてないから、ランブロックにしか使えない。』と思われてたので、重宝しなかったらしいです。

49ersとしては笑いが止まらないでしょうね。w

 

CB リチャード・シャーマン(5巡/154位)

元シーホークスの選手で、今はキトル君と同じ49ersにいます。

大学は名門スタンフォード大学
世界大学ランキングでは4位(我らが東大は36位)と、超エリート大学です。

頭も良いんですが、実はアメフトもまぁまぁ強いんです。大学の一部リーグ(?)に所属していて、リーグ優勝も何度も果たしてます。

シャーマンは大学院まで通ってたので、大学チームには5年間在籍してました。しかも最初の3年間はWRとして出場していたんですよ!

Embed from Getty Images

そして2011年にシーホークスに入団。
1年目から結構活躍していて、2年目には全試合先発するようになります。

そこから3年連続オールプロ(プロ野球でいうとこのベストナイン賞)に選ばれて、3年目にはインターセプト王スーパーボウルチャンピオンにまで上り詰めます!!

それ以降インターセプトの数が減りますが、これは相手QBが嫌がってシャーマンのいるところに投げなくなったから。
勝負できないほど恐ろしい存在だったんですね。w

 

これほどの選手がなぜ低のかな?

恐らく大学時代に2年間しかCBをやってなかったからだと思います。そしてその年のCBが豊作で、40人近く選ばれてたから経験が浅いシャーマンは見向きもされなかったんでしょうね。

 

QB トム・ブレイディ(6巡/199位)

最後は誰もが知ってるこの選手。
G.O.A.Tことトム・ブレイディ!!

まさかこんなにドラフト順位が低いなんてね…。
下剋上もいいとこです。笑

 

ブレイディはミシガン大学出身
先発を務めたのは2年間だけで、成績もうーーん。ってぐらい特筆すべきとこがありません。笑

Embed from Getty Images

 

選手の能力を測るコンバインってのにも出ますが、足は遅いし何より身体が全然できてない…。評価は最低クラスだったらしい。

結局2000年にペイトリオッツが売れ残っていたブレイディを199番目で指名して、NFLに入れたブレイディ。

当時はNFLに入れると思ってなかったらしく、本気で保険会社のセールスマンになるつもりでいたとか。w

 

そこからの活躍は書かなくてもいいですね!!笑

2年目にスーパーボウルを初制覇してから、19年間で6回優勝、MVP3回、通算成績219勝64敗という恐ろしい成績を残しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thank you, Tom.

New England Patriots(@patriots)がシェアした投稿 -

 

アメリカンドリームというか、努力は裏切らないってのを実現させてくれてます。

今年で43歳となりますが未だ現役。
新天地バッカニアーズでの活躍に期待です!!

まとめ

下位指名だったけど、活躍してる選手まとめでした!!

NFLの世界でも努力次第でトップに登れるって考えると、なんだか親近感が湧きますね!!

特にQBはこういったパターンが多い気がします。
だから1巡目のQBは個人的に信用できません。笑

 

今年のドラフトは4月24日から始まるので、要チェックです!!!

 

~あわせて読みたい~

Twitterでフォローしよう