アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【あの選手は今】過去10年間のドラフト1位選手の活躍を調べてみた!~前編~

 

と2週間ほどでドラフトがやってきます。

やはり注目するのは誰が1位指名されるのか。
でも1位指名選手が絶対活躍するってわけではないのも、NFLの醍醐味ですね!

なので今回は”過去10年間のドラフト1位選手の活躍ぶり”を調べてみました!!

ドラフトについてはこちら☟

 

サム・ブラッドフォード/2010年(QB,ラムズ)

おっ、、早速あまり聞かない選手が出てきた、、。

ブラッドフォードはオクラホマ大学で活躍し、2008年には大学MVP賞のハイズマン賞も貰ってます。

2009年には怪我をしたものの、2010年のドラフトでは全体1位でラムズが獲得。

Embed from Getty Images

早速1年目から先発として出場。
なかなかな成績を残してチームを地区2位に導きました。

よしっ!プレーオフも夢じゃないな!!
ってなった2年目で足首を怪我しちゃいます・・。

3年目ははフル出場できるほどに復活したのですが、4年目でまたまた怪我しちゃいます。w

Embed from Getty Images

それからチームを渡っていくのですが、その後も5回ほど怪我で離脱。

もちろん怪我が多い選手を先発させるわけにもいかず、2018年にはカーディナルスから放出されました。

怪我に泣いた選手ですね。
この厳しい世界を生き抜くには、怪我が少ない強靭な肉体が必要ってことです。

キャム・ニュートン/2011年(QB,パンサーズ)

これは日本でも知名度の高い選手ですね!!

ニュートンは3つの大学を移り渡って、最終的にオーバーン大学を卒業してます。そしてブラッドフォードと同じくハイズマン賞を受賞。

ドラフトではパンサーズから1位指名を受けました。

Embed from Getty Images

1年目は勝てはしなかったものの、4,500ヤードは投げるわ、ガンガン走って当たり負けしないわで、ファンのハートをガッツリつかみました!!

そして13年から3年連続地区優勝、15年にはスーパーボウルにチームを導きます。

しかし、17年頃から肘の状態が悪くなりパスが投げれなくなります。そして20年にパンサーズはニュートンを放出。未だに新しいチームとの契約は結んでません。

 

ここ数年は怪我に苦しんでますが、ニュートン獲得は大成功だったと言えるんじゃないでしょうか。
スーパーボウルにも行けてますし、何よりニュートンのカリスマ性によ多くのファンが魅了されました!

この投稿をInstagramで見る

 

Cam Newton(@cameron1newton)がシェアした投稿 -


早く戻ってきてほしいです、、、。

 

アンドリュー・ラック/2012年(QB,コルツ)

この選手も有名だと思います!

ラックはあのスタンフォード大学の出身。
世界大学ランキングの4位にランクインしてる名門校です。(東大は36位)

Embed from Getty Images

名QBペイトン・マニングの後継者として入団したラックは、見事にチームを勝たせ続けます。

先発した5シーズンのうち、プレーオフに行けなかったのはたったの1シーズンだけ。
生涯成績は53勝33敗と大きく勝ち越してます!

でもやっぱり怪我をしてしまうんですね、、。
18年にカムバックするものの、19年に電撃引退してしまいます。

スーパーボウルには出れなかったものの、ラックは優秀な選手でした!強いコルツの代表選手と言えるでしょう。

 

エリック・フィッシャー/2013年(OL,チーフス)

めずらしくオフェンスラインでの1位指名!!

フィッシャーはセントラル・ミシガン大学出身。
現HCアンディ・リードがドラフトで獲った初めての選手です。
Embed from Getty Images

身長201㎝、体重143㎏の恵まれた体格で、チーフスのQBを守ってきました。

18年までほぼフル出場でしたが、19年に怪我で離脱。でもすぐに復帰して、見事スーパーボウル制覇まで果たしました!

 

オフェンスラインって数字がないから活躍の判断が難しいですが、フィッシャーは正解だったと言えるでしょう!

フィッシャーのおかげでQBマホームズも活躍できてるのかもしれませんね。

Embed from Getty Images

ジャデベオン・クラウニー/2014年(DE,テキサンズ)

やっとディフェンスからの1位指名が来ました!

クラウニーはサウス・カロライナ大学出身で、テキサンズに1位指名されました。

Embed from Getty Images

1年目はほとんど出場機会なし。
2年目から出場し始めると徐々に活躍し始めます。

16年から3年連続でプロボウルに選ばれるほどの、人気選手にもなります。

Embed from Getty Images

19年にテキサンズからシーホークスへトレードで移籍。ここがちょっと引っ掛かりますねぇ、、。

1位指名選手をトレードに出しちゃうということは、給料に見合わない成績だったのかな?

確かに1位指名選手としては物足りない数字でもあります。

 

まとめ

ドラフト1位指名選手の前編終了です!!

10年ドラフトのブラッドフォードは活躍せずに終わってしまいました。
大学時代にも怪我の予兆はあったんですけどね…。

 

他のQBも怪我に悩まされてた印象です。

そう考えるとブレイディとかブリーズってやっぱすごいな!!笑

 

~あわせて読みたい~

Twitterでフォローしよう