アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【基本情報】アメフトの『スタッツ』とは?見方と1試合の目安

 

合結果の記事なんかを書くときに、「QB○○が300ヤードのパスを記録」とか「RBの○○は1試合で120ヤードも走った!」なんてよく書いています。

ですがアメフトはそんなに詳しくないなんて方は、1試合でどれだけの記録がすごいかなんて分かりませんよね。

そこで!!
今回は主にオフェンスを中心に、アメフトにおけるスタッツと1試合の成績の目安を調べていきたいと思います!!!

『スタッツ』とは?

スタッツ(Stats)とは、統計を意味するスタティスティックス(Statistics)の略です。

チームや個人成績などを数字でまとめたものがスタッツって言うんですね!

 

アメフトのスタッツでよく見られるのが、パス獲得ヤードラン獲得ヤードレシーブ獲得ヤード

パス獲得ヤードだったらQBがレシーバーに投げてから倒されるまでの距離。レシーブ獲得ヤードはその逆。ラン獲得ヤードはランプレイで走った距離となってます。

 

対象ポジション 内容
パス獲得ヤード QB パスを投げてレシーバーが倒されるまでの距離。
ラン獲得ヤード RB スクリメージラインからランプレイで倒されるまでの距離。
レシーブ獲得ヤード WR、TE ボールをキャッチしてから倒されるまでの距離。

 

注意してほしいのは、例えばパス獲得ヤードだとパスを投げた地点からじゃなく、スクリメージラインからの計測ということ。

なのでスクリメージラインより手前で倒されたらマイナスの成績となっちゃいます。

 

スタッツには、プレイヤースタッツとチームスタッツがありますが、上記3つの成績はどちらにも関わるのでこの3つを覚えとけば何とかなります!

 

1試合の目安

1試合の目安が分かると試合映像を見てなくてもスタッツを見ただけで、「この選手は活躍したな!」とか「○○は調子悪かったんだな」というのが分かります。

各獲得ヤードの1試合の目安をまとめてみましょう。

※あくまで個人的見解です。

パス獲得ヤード

Excellent 351ヤード~
Good 300~350ヤード
Normal 230~299ヤード
Bad ~299ヤード

 

目安としては300ヤードを超えたら素晴らしい!となります。1試合で400ヤードを超えたらすごすぎぃぃ!!と思いますね。

ここ10年くらいの平均パス獲得ヤードが230ヤード前後なので、それを下回ったらあんまりよくないかな?

 

レギュラーシーズン16試合でトータル5,000ヤードのパス獲得ヤードを記録したらほぼ確実にリーグ1位を獲れるし、世間がざわつきます。

ちなみに1試合でのパス獲得ヤード記録は、1951年にラムズのノーム・バンブロックリンさんが記録した554ヤードという化け物みたいな数字です!

Embed from Getty Images

 

直近だと2019年にこれまたラムズのジャレット・ゴフが517ヤードという記録を出しています!

Embed from Getty Images

 

ラン獲得ヤード

Excellent 151ヤード~
Good 100~150ヤード
Normal 51~99ヤード
Bad ~50ヤード

 

ラン獲得ヤードは試合によって数字が大きく変わりやすいです。

穴を抜けてビックゲインがある日もあれば、しつこくゴリゴリ押していく日もあります。さらに試合展開によってはパス主体でいく日もあるので結構難しい。

 

でも目安としては100ヤードを超えたら一目置かれるでしょう!

年間で1,600ヤードを超えれば間違いなくリーグトップとなれます。

さらに年間で1,000ヤードを超えたらRBは合格とされてるので、1試合平均で60ヤードは超えておきたいですね。

 

1試合でのラン獲得ヤード記録は、現ライオンズにいるエイドリアン・ピーターソンがバイキングス時代の2007年に記録した296ヤード

 

2018年にはタイタンズのデリック・ヘンリー238ヤードを記録しています。

 

レシーブ獲得ヤード

Excellent 151ヤード~
Good 100~150ヤード
Normal 51~99ヤード
Bad ~50ヤード

 

レシーブ獲得ヤードも結構バラつきがでます。
なぜならレシーバーは複数人いるので、試合によってはまったくターゲットにならない日なんかもあります。

それでも一流選手はメインターゲットとなってヤードを稼いでいくんですけどね!!

 

目安としてはこちらも100ヤードを超えたらグッド!!!

RBと同じく年間で1,600ヤードを超えたらリーグトップになる可能性大です。

50ヤード超えていなくても他にメインターゲットがいるなら問題はないでしょう。ただエース級の選手が50ヤードぐらいだとよくないです。

 

歴代レシーブ獲得ヤード記録は、ラムズのフリッパー・アンダーソンさんが1989年に出した336ヤード

1試合で300ヤード超えるとかちょっと想像できない・・・。

Embed from Getty Images

 

最近だとファルコンズのフリオ・ジョーンズが2016年にぴったり300ヤードを記録してます!

確かこの年はスーパーボウルに出場してた年ですね。

 

QBの偏差値”QBレイティング”

これも実はとっても大事なスタッツになります。

QBってパス獲得ヤードが多いからって良い選手!ってわけじゃなく、インターセプトやタッチダウンなどの成績も必要となってきます。

そこでQBの良し悪しを数字で表す偏差値のような「QBレイティング」なるものを作ったわけなんですね!

 

計算方法はちょっと複雑で・・・

・パス試投回数
・パス成功回数
・パス獲得ヤード数
・タッチダウンパス数
・ 被インターセプト数

これらの要素をうまい具合に計算します。そうすると下は0から上は158.3の数字が出来上がるわけです!

 

目安としては・・・

Good 100~
Normal 71~99
Bad ~70

 

だいたいこんな感じでしょうか。
100以上だとパス成績としては優秀となる感じです!

 

まとめ

1試合において個人成績で優秀とされる目安のスタッツをまとめてみます。

パス獲得ヤード 300ヤード以上
ラン獲得ヤード 100ヤード以上
レシーブ獲得ヤード 100ヤード以上
QBレイティング 100以上

 

これを覚えとけばスタッツだけ見ても、どの選手が活躍したのかひと目で分かるはず!

これからはこれを頭に入れながら試合結果記事などをを読んでいただければと思います!!!

 

あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう