アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【初心者必見!】アメフトのポジション徹底解説~オフェンス編~

 

ポジション解説第1弾!

まずはオフェンスチームからやっていきます!!

 

アメフトのポジションは役割がきっちりと決まっていて、動きも大きく違ってきます。

その動きを組み合わせることによって作戦が遂行されていくのです。

なのでポジションを押さえればアメフトを押さえられる!

徹底的に紹介していきましょう。

 

クォーターバック(QB)

アメフトの花形ポジション!!
野球で言えばピッチャー。

オフェンス陣の司令塔であり、まずQBにボールが渡ってからプレーが始まります。

なのでQBがプレーを左右すると言っても過言ではありません。

via GIPHY

まるで針の穴を通すような正確なパスで、味方にボールを繋いでいきます。

いざとなったら自分で走ることもあるので、ある程度の走力も求められる。

 

そして200個以上あると言われてる作戦をすべて頭に入れて、チームメイトに作戦を伝えます。

頭の良さも必要なので、『心・技・体・知』が揃わないとQBにはなれません。

Embed from Getty Images

QBの良し悪しでチームの勝敗も大きく変わってくるので、給料ももちろんいいです💰

 

QBに向いている人
・頭がいい人
・肩が強い人
・視野が広く、全体を見渡せる人
・責任感が強い人

ワイドレシーバー(WR)

QBが投げたパスをキャッチするのがWRです。

 

QBによって伝えられた作戦で走る動き(パスルート)が決まっています。

例えば5ヤードで急に止まって振り返ったり、10ヤードいったとこで90°に曲がったりと、本当はこんなにシンプルじゃないんですが、忠実にこのパスルートを走れる能力を求められます。

 

常に相手と競るので、振り抜けられる足の速さが必要です。

そしてランプレイの時には何をするかっていうと、相手がタックルしに行かないようブロックして抑えないといけません。これ大事。

これをミスすると結構怒られるんだとか・・・(笑)

 

WRに向いている人
・足が速い人
・腕が長い人
・俊敏な動きができる人
・決められたことをしっかり守れる人

ランニングバック(RB)

QBからボールを貰った後、走って進むのがRB。
WRとは違い大きな進みはありませんが、確実に前へと進んでいきます。
走る専門の選手なので足の速さも必要ですが、タックルをされても前へ前へと進めるフィジカルの強さが求められます。

味方と敵の間を縫って進むので、小柄な選手が多いのも特徴。NFLでもRB選手の平均身長は180㎝と、ポジション別で一番小さいです。(QBは平均190㎝)
中には168㎝でも先発として15年間活躍した選手もいるほど!
RBには主に二つの種類があります。
①ハーフバック(HB)
ランプレーだと基本この選手にボールが渡ります。
一気に加速する瞬発力と俊敏性が求められます。
②フルバック(FB)
HBの前にいることが多く、HBが進む道を切り開く役割を持っています。
チームのために体を張るポジション。時々ボールを持つこともある。

2つの種類をご紹介しましたが
RB=ボールを持って走る人と認識していただいて構いません!
最近ではRBもWRと同じようにパスを受けて走ることも多くなりました。パスを受けたからといってWRになるわけではないのでご注意ください。
RBに向いている人
・小柄でずっしりしてる人
・細かな動きができる人
・人混みの中でスペースを見つけるのが上手い人

オフェンスライン(OL)

OLと言っても綺麗な女性はいませんよ。
QBを敵から守り、RBが走る道を作る縁の下の力持ちがOLです。
パスプレーの際は相手からQBを守って、投げるまでの時間を確保します。
ランプレーの場合は相手を押しのけて、RBが走る道を無理やり切り開きます。

 

常に相手とぶつかりますから身体も大きくなくてはいけません。
NFLではOLの身長平均が195cm、平均体重は142㎏と全ポジションの中で最も大きいです。

そして大きな特徴は、
『OLはボールを持ってはいけない』
えっ!?球技じゃないじゃん!!!
そうなんです。彼らは球技ではなく格闘技をやっている気分だそうです。笑
しかし、ボールを持てないOLはとっっっても重要なポジション。OLがしっかりしてるチームは、ランプレーで大きく進みやすいですし安定してプレーができるんです。
OLが試合の3割を決めるとも言われてるほど!
試合中は目立ちませんが、縁の下の力持ちとしてチームを支えてる存在です。

OLに向いている人
・体が大きくて力持ち
・心優しい人
・目立たなくてもいい人
・打たれ強い人

タイトエンド(TE)

OLとWR、ふたつの役割を持っているのがTEです。
ある時はOLの様に相手を食い止め、またある時はWRの様にQBからパスを受けます。
非常に万能なポジションですね。
なのでTEの使い方がとっても大事になってきます。

パスを受けるのが得意な選手と、ブロックをするのが得意な選手などがいて、1つのチームには大体どちらの選手もいます。
セットするポジションもWRのように外にセットしたり、OLと一緒にラインにセットしたりと様々。

この投稿をInstagramで見る

 

NFL(@nfl)がシェアした投稿 -

 

TEに向いている人
・足が速くて体も大きい人
・器用な人
・サプライズが上手い人

まとめ

オフェンスのポジションとして5つ紹介しました。

本当はもっと細かく分かれているのですが、そこまで知らなくても十分アメフトは理解できます!

 

簡単にまとめると・・・

  • QB:司令塔。パスを投げたりRBに渡したりする。
  • WR:QBからのパスをキャッチする。
  • RB:QBからボールを貰って走っていく。
  • OL:敵からQBを守り、RBの道を作る。ボールに触ったらダメ。
  • TE:OLとWRの役割を持つ。パスを受けるか相手をブロックする。

 

これだけ覚えとけば役割が分かると思います!

アメフトは将棋にに似ていると言われてます。
各駒が違った動きをする中で、作戦を組み立てていきます。

各ポジションの役割が分かれば、もっとNFLを楽しめる!!

あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう