アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【2020戦力分析】シーズン開幕直前!AFC北地区の戦力分析と順位予想

 

とらはちの超独断!
戦力分析&順位予想のコーナー!!

今回はAFC北地区です!

ボルチモア・レイブンズ

昨シーズンの成績
14勝2敗(地区優勝)
プレーオフ1回戦敗退
オフェンス
主力選手
QB ラマー・ジャクソン
RB マーク・イングラム
WR マーキス・ブラウン
WR マーク・アンドリュース
OL ロニー・スタンリー
評価:4
主力選手は昨年とほぼ変わっていません。シーズンMVPを獲得したQBラマー・ジャクソンの機動力は異次元のレベルですね!OLもマーシャル・ヤンダが引退してしまいましたが、ロニー・スタンリーを始め太いラインを構築してます。
気になるのはエースWR不在という点でしょうか。プレイオフでタイタンズがQBジャクソンを完全に抑えたように、機動力をなくされたら進めなくなってしまうのは困ったものです。
ディフェンス
主力選手
DL ブランドン・ウィリアムス
DL カレイス・キャンプベル
DL マット・ジュドン
CB マーロン・ハンフリー
CB マーカス・ピータース

評価:5

失点数がリーグ3位と好調だった昨シーズンですが、今年はDLが戦力アップ!ジャガーズからカレイス・キャンプベルを獲得し、リーグトップクラスのラインを形成しました。恐ろしいメンツです。

CBの両エースも健在。本当だったらここにSのアール・トーマスがいたんですが、いざこざで解雇されました。彼がまだいたら恐ろしいディフェンスになってたのに・・・。

 

コーチ陣
HC ジョン・ハーボー
オフェンスコーディネーター グレッグ・ローマン
ディフェンスコーディネーター ドン・マーティンデール

 

総評
評価:5
リーグ最高勝率を挙げた昨シーズンからほとんど戦力は変わらず、頼もしいメンバーとなってます。コーチ陣も安定期に入るんじゃないですかね。特にHCハーボーはもう13年目!!
ただ、走れるタイプのQBは長く続かなかったのがNFLのジンクス。怪我のリスクも高いし、相手に研究されて封じ込められたらどっちつかずになってしまいます。今年はどうなるラマー・ジャクソン!!

ピッツバーグ・スティーラーズ

昨シーズンの成績

8勝8敗(地区2位)

オフェンス
主力選手
QB ベン・ロスリスバーガー
WR ジュジュスミス・シュースター
TE エリック・イーブロン
OL マーキス・パウンシー
評価:3
昨シーズンは怪我のため離脱していたQBベン・ロスリスバーガー。彼が復活できるかどうかがポイントです。試合には出ると思いますが、肘の状態がどうなのか気になります。
他のポジションもあまり顔ぶれは変わっていません。昨シーズンはみんなそれぞれ成績がガタ落ちしてますが、ロスリスバーガーの復活でどう影響されていくのかも注目ですね。
ディフェンス
主力選手
DL キャメロン・ヘイワード
DL T.J・ワット
LB デビン・ブッシュ
CB ジョー・ヘイデン
S ミンカ・フィッツパトリック

評価:5

オフェンスがボロボロだった昨年に8勝もできたのは、強力なディフェンス陣のおかげです。そして今年も彼らは健在。各ポジションにエース級の選手がいるっておかしいです。笑

特にDLのT.J・ワットミンカ・フィッツパトリックはかなり強力。彼らが怪我でもしない限り、スティーラーズが負け越すことはあり得ないでしょう。

コーチ陣
HC マイク・トムリン
オフェンス
コーディネーター
ランディ・フィクトナー
ディフェンス
コーディネーター
キース・バトラー
総評
評価:4
10年以上負け越したの事のない安定感とQBロスリスバーガーの存在は大きいです。ボロボロに負け続けるイメージが湧きません。
ただロスリスバーガーも若くないですから、肘の状態も相まって本調子じゃなかったら分からなくなりますね。WRもRBも層が薄いので、相手にとっては脅威ではないのかもしれません。

クリーブランド・ブラウンズ

昨シーズンの成績

6勝10敗(地区3位)

オフェンス
主力選手
QB ベイカー・メイフィールド
RB ニック・チャブ
RB カリーム・ハント
WR オデル・ベッカムJr
WR ジャービス・ランドリー
評価:4
昨シーズンは世紀の大型補強とも言われて優勝候補になってましたが、結局失速しました。しかしまだその戦力は残っています。
WRオデル・ベッカムJrジャービス・ランドリーの2枚看板は強烈ですね。さらにRBニック・チャブのインパクトもでかい。それをQBベイカー・メイフィールドがうまく束ねられるのかが問題視されてます。味方に取りづらいパスなんじゃないかという疑惑も。
ディフェンス
主力選手
DL マイルズ・ギャレット
DL ラリー・オグンジョビ
CB デンゼル・ウォード

評価:3

LBの先発を任されてた選手が相次いで退団しました。補強がうまくいっておらず、層がかなり薄い状態に。けっこう心配です。

DLマイルズ・ギャレットは昨年のヘルメット事件の影響を受けず、1試合目から出場できます!DLはなかなか魅力的ですが、オフェンスに比べたら物足りない感じが正直ありますね・・・。

コーチ陣
HC ケヴィン・ステファンスキー
オフェンスコーディネーター アレックス・バンベルト
ディフェンスコーディネーター ジョー・ウッズ
総評
評価:3
シーズンに1勝できれば上出来だったころと比べると、格段と強くなり期待もできるようになりました!すごい成長です!!
オフェンス陣のタレントは相変わらずすごいですが、チームとして何となくまとまってない気がします。そこはHCステファンスキーの腕の見せ所でしょうね。前HCキッチンズの後をきっちんと引き継ぎたい。

シンシナティ・ベンガルズ

昨シーズンの成績

2勝14敗(地区4位)

オフェンス
主力選手
QB ジョー・バロウ
RB ジョー・ミクソン
WR A.J・グリーン
WR タイラー・ボイド
評価:3
注目のドラフト1位指名選手、ジョー・バロウが恐らく先発となるでしょう。大学時代に全米No.1となり数々の記録を打ち出してきました。果たして1年目からプロの世界でも活躍できるのか注目です!
そしてエースレシーバーA.J・グリーンが復活!昨シーズンは怪我のため全休しましたが、今年は無事に戻ってきそう。A.J・グリーンがいるのはかなり大きいな。2年連続1,000ヤードを超えてるタイラー・ボイドも期待が持てます!
ディフェンス
主力選手
DL ジーノ・アトキンス
DL カルロス・ダンロップ
S ボン・ベル

評価:2

昨シーズンはリーグ最下位のランディフェンスだったベンガルズ。8人もの選手を補強してきました。特にDLはジーノ・アトキンス中心になかなか分厚くなってます。
CBもほとんど入れ替えたんですが、ビッグネームはいないですね。魅力はないものの期待感は持てる布陣です。
コーチ陣
HC ザック・テイラー
オフェンスコーディネーター ブライアン・キャラハン
ディフェンスコーディネーター ルー・アナルモ
総評
評価:3
新人QBバロウが一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、とっても楽しみなチームです!すでにチームはバロウを中心に動いてるので、ダメでしたじゃ済まされないプレッシャーもあります。本人にもHCたちにも。
昨シーズン最下位だったってことでかなり選手を入れ替えてるので、今後どうなっていくのか予想が難しい!でもダークホースとなり得るかも!

順位予想

 

ズバリ!!
レイブンズが地区3連覇すると予想します!
ディフェンス陣が安定してるチームはとにかく強い!これは素人ながら思うことです。そしてQBジャクソンはまだ止められないはず!笑
しかし、スティーラーズも安定して強いのでレイブンズと優勝争いをしてほしいですね。ベンガルズも意外と楽しみです!!
あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう