アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【2020戦力分析】シーズン開幕直前!AFC東地区の戦力分析と順位予想

 

2020シーズン開幕までの残りわずか・・・!

というわけで各地区ごとに戦力分析と順位を独自に予想していきたいと思います!!

 

まずは波乱の予感のAFC東地区から!!

ニューイングランド・ペイトリオッツ

 

昨シーズンの成績
12勝4敗(地区優勝)
プレーオフ1回戦敗退
オフェンス
主力選手
QB キャム・ニュートン
RB ラマー・ミラー
RB ソニー・ミッシェル
WR ジュリアン・エデルマン
OL ジョー・スーニー
評価:2
長年ペイトリオッツの先発QBだったブレイディを放出し、元パンサーズのキャム・ニュートンを獲得しました。肩や肘の状態が気になるものの、調子を取り戻せれば大きな起爆剤となりそうです!
しかし昨シーズンの課題だったオフェンス自体はそこまで大きく変化なし。テキサンズから獲得したRBラマー・ミラーがどれだけ活躍してくれるかポイントですね。
ディフェンス
主力選手
DL ローレンス・ガイ
CB ステフォン・ギルモア
CB ジェイソン・マコーティ
S デヴィン・マコーティ

評価:3

コロナウイルスの影響で多くのディフェンス選手がオプトアウトを選択しています。特にLBドンテ・ハイタワーの穴は大きい。

さらにLBカイル・ヴァンノイが移籍してしまったのも大きいですね。強力CB陣でどれだけ踏ん張れるかがポイントです。

 

コーチ陣
HC ビル・ベリチック
オフェンスコーディネーター ジョシュ・マクダニエルス
ディフェンスコーディネーター ビル・ベリチック

 

総評
評価:4
戦力だけで見ると今年のペイトリオッツはかなり厳しいように見えます。それでも勝ってしまうのがペイトリオッツでありHCベリチックの手腕なのです。
これだけ穴があっても彼の哲学と勝利のノウハウで勝ち越すと思います。あとはQBニュートンの怪我しだい・・・。

バッファロー・ビルズ

 

昨シーズンの成績
10勝6敗(地区2位)
プレーオフ1回戦敗退
オフェンス
主力選手
QB ジョシュ・アレン
RB デヴィン・シングレタリー
WR ステフォン・ディグス
WR ジョン・ブラウン
評価:3
昨シーズンはオフェンスに課題がありましたが、バイキングスからエースWRステフォン・ディグスを獲得!これは大きいですね。QBアレンは強肩のイメージがあるから、ロングパスで相手をかく乱しそうです。
あとはQBアレンがどれだけ安定できるかですね。けっこう無茶しがちなプレーが多かったので、冷静にプレー出来ればかなりいい成績も残せるはず!
ディフェンス
主力選手
DL クイントン・ジェファーソン
DL エド・オリバー
LB トレメイン・エドマンズ
CB トレデビアス・ホワイト
CB ジョシュ・ノーマン
S マイカ・ハイド

評価:5

昨シーズンはリーグ2位の失点数でしたが、今年も戦力は落ちていないでしょう。エースCBホワイトに、元ワシントンのジョシュ・ノーマンも加わって層が分厚くなりました!

戦力としてはリーグトップクラスじゃないですかね?

コーチ陣
HC ショーン・マクダーモット
オフェンスコーディネーター ブライアン・ダーボル
ディフェンスコーディネーター レスリー・フレイザー
総評
評価:4
今年のビルズはかなり期待ができる戦力となってます。WRディグスをどれだけ活かせるかがポイントとなってくるでしょう。
HCマクダーモットの長期政権が始まるシーズンになりそうです。そしてペイトリオッツの牙城を崩す大チャンス!地区優勝の大本命です。

ニューヨーク・ジェッツ

昨シーズンの成績

7勝9敗(地区3位)

オフェンス
主力選手
QB サム・ダーノルド
QB ジョー・フラッコ
RB レべオン・ベル
WR ジェイミソン・クラウダー
WR クリス・ホーガン
評価:3
昨シーズンは大型補強で地区優勝候補とされてましたが、怪我人続出で不甲斐ない結果に終わりました。今年はメインというより層を厚くした感じがします。
QBのバックアップには元レイブンズのジョー・フラッコ。2012年シーズンにはスーパーボウルMVPにも選ばれてる実力の持ち主です。あとはWRのクリス・ホーガンですね。地区優勝するにはちょっと物足りない感じかな・・・。
ディフェンス
主力選手
DL ヘンリー・アンダーソン
DL クイネン・ウィリアムズ
LB パトリック・オワーソ
S ブラッドレイ・マクドゥーガルド

評価:2

スター選手だったSジャマール・アダムスを放出し、期待されてたC.J.モズリーはコロナでオプトアウト。戦力ダウンは必至です。

期待できるのは2年目のDLクイネン・ウィリアムズじゃないでしょうか。なかなかのパワーがあると個人的に評価してます!

コーチ陣
HC アダム・ゲイス
オフェンスコーディネーター ドウェル・ローゲンス
ディフェンスコーディネーター グレッグ・ウィリアムス
総評
評価:2
今年のジェッツはかなり厳しい戦いを強いられると思います。特にディフェンス陣の戦力ダウンは目をつむれません。
ただコーチ陣には高い評価があるだけにボロボロになることはなさそう。プレッシャーがない分いいのかも!?

マイアミ・ドルフィンズ

昨シーズンの成績

5勝11敗(地区4位)

オフェンス
主力選手
QB トゥア・タゴヴァイロア
QB ライアン・フィッツパトリック
RB マット・ブレイダ
RB ジョーダン・ハワード
WR デバンテ・パーカー
評価:3
昨シーズンはRBがいなかったに等しかったんですが、今年は見事2人補強をしました。特にジョーダン・ハワードはプロボウルにも選ばれてる実力者。けっこう楽しみです。
問題なのはQB陣。新人のトゥア・タゴヴァイロアを先発にするのかベテランのフィッツパトリックにするのか。先発が安定しないと成績も安定しないと思います。タゴヴァイロアは化けたらかなり面白い!
ディフェンス
主力選手
LB カイル・バンノイ
CB ザビアン・ハワード
CB バイロン・ジョーンズ

評価:3

ペイトリオッツからLBバンノイ、カウボーイズからCBジョーンズを獲得。このふたりの加入はかなり大きいと思います。

ただDLとSの層が薄い気が・・・。昨シーズンは最多失点となってしまったので、名誉挽回といきたいとこです。

コーチ陣
HC ブライアン・フローレス
オフェンスコーディネーター チャン・ゲイリー
ディフェンスコーディネーター ジョシュ・ボイヤー
総評
評価:3
今年のドルフィンズは昨シーズンに比べると格段によくなってます。特にRB2枚獲得が大きかったですね。
あとは先発QBが誰になるのか。元ドラフト1巡指名のジョシュ・ローゼンもいますから、誰が先発になってもおかしくありません。

順位予想

 

ズバリ!!
ビルズがペイトリオッツの12連覇を阻止すると予想します!
さすがにこの戦力ダウンで地区優勝は厳しいかなと。これで優勝したらHCベリチックが本当に異常です。
あとはジェッツもかなり厳しい戦力ですね。
ドルフィンズは昨年より良くなってますが、それでも勝ち越しは難しいと予想しました。
あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう