アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【試合結果】プレーオフ2回戦目!~NFC編~

 

回の記事に引き続き結果まとめです!

NFCも戦力が拮抗しててどこが勝つか分かりません!!!

早速ですが、2試合の結果をまとめます!!

 

~AFC編はこちらから~

バイキングスvs49ers

1回戦目でオーバータイムの末にセインツを負かしたバイキングスと、NFCの第1シードの49ers。

オフェンス、ディフェンス共にリーグ上位の49ersに、バイキングスがどう対応するか注目でした。

 

両QBが中堅選手という事もあり、なんとも落ち着いた試合展開。お互い譲らずシーソーゲームとなります。

49ersが7点リードで迎えた第3Qで、バイキングスが痛恨のインターセプトを喰らいました、、、。
これで流れは一気に49ersへ。

 

インターセプトをしたシャーマン選手は元シーホークス。
怪我の影響もあってパフォーマンスが下がったと言われてますが、大一番でしっかり仕事をしましたね。2014年にはスーパーボウルで優勝してるので、経験値も十分です!!

 

バイキングスはこの流れを取り戻すことができず、
27対10で49ersが勝ちました!

プレーオフの舞台で相手を10点に抑えたディフェンス陣はさすがですね。2つのサックをあげた新人DEボッサがすごいです(笑)

(このツイートに使われてる顔文字はどんな表情なんでしょうか。笑)

負けてしまったバイキングスは、セインツ戦で燃え尽きてしまった感がありましたね。WRのディグスとシーレンが万全の状態でなかったことも影響があったと思います。

でも毎年面白い試合をしてくれてるので、来年も楽しみなチームです!!

 

シーホークスvsパッカーズ

1回戦目でイーグルスを退けたシーホークスと、NFC第2シードのパッカーズ。

パッカーズは数字で見るとパッとしませんが、QBロジャースのフットボールIQで勝利を重ねてます。

この試合もロジャース劇場といった感じでした。笑
シーホークスのディフェンスラインたちが前のめりになってると分かると、スナップのカウントを巧みに操って相手の反則を誘発させまくりました。

第3Q途中で28対10とパッカーズがリードしてこのまま終わるかと思いましたが、ここからシーホークスが猛追。2つのタッチダウンを決めて5点差とします。

 

この動画でサックをしている選手は、双子のグリフィン兄弟。

弟のシャキームは左手を切断していて、片手のNFL選手としても有名です。

Embed from Getty Images

さすが双子!息ピッタリのプレー!!

 

 

しかし、、最後はパッカーズにうまく時間を使われてタイムオーバー。

28対23でパッカーズが勝利しました!!

 

さすが36歳、ベテランのロジャースですね。
試合運びがうまく、1度もシーホークスにリードを与えずに試合を終えました。WRアダムスも160ヤードの大活躍です!!

 

一方のシーホークスは反則が多すぎました。要所要所で反則を犯してしまい、流れを掴みきることができませんでしたね。

RBリンチもきっちり止められてしまってもどかしかった、、、。まだ引退宣言はしてないですが、来年はどうなるのでしょう。

 

またスキットルズが見たい、、、笑

 

──こちらもおすすめ──

Twitterでフォローしよう