【初心者向け】今年のドラフトはこの選手たちに注目!=QB編=

 

よいよこの時期がやって来ましたね。

今年も書きます!
ドラフトを楽しむために押さえておくべき注目選手シリーズ!!

まずは花形のQBから5人をご紹介。

 

今回ベースボール・マガジンさんが出してくれた『NFLドラフト名鑑』も活用しながら執筆してみました。めちゃくちゃ助かります、ありがとうございます。

アメリカンフットボールマガジン 『NFL ドラフト候補名鑑 2021』 (B.B.MOOK1527)

新品価格
¥1,100から
(2021/4/11 12:35時点)

 

☟ドラフトの仕組みについて☟

トレバー・ローレンス (クレムソン大)

Embed from Getty Images

生年月日 1999年10月6日
身長体重 198cm, 100kg
受賞・記録 全米チャンピオン(2018)
大学新人賞(2018)
オフェンスオブザイヤー(2020)
指名予想 ジャガーズ

 

見てください、このカリスマ性しか感じさせない容姿と風格。一度見れば絶対忘れられない顔なはずです。

高校時代から史上最高のQBと称されたスーパーエリート。大学1年目から全米優勝するなどスター性は抜群!さらに高校生から先発した76試合では、なんとたったの2敗しかしていない正真正銘の”勝てるQB”というわけです。

 

ただテクニックの部分で不安視されてる声もあり、NFLのディフェンス相手にどこまで通用するかは未知数。それでもカリスマ性と高いリーダーシップ能力は本物なので、獲得したチームを常勝軍団にしてくれるような期待感があります!!

獲得予想は昨年最下位で全体1位指名権を持っているジャガーズ一択でしょう。仮に1位指名されなくても2位で指名されるはずです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trevor Lawrence(@tlawrence16)がシェアした投稿

素敵なプロポーズも済ませています。

 

ザック・ウィルソン (ブリガムヤング大)

Embed from Getty Images

生年月日 1999年8月3日
身長体重 191cm, 95kg
受賞・記録 特になし
指名予想 ジェッツ

 

幼い顔立ちに甘いマスクで女性人気が高そうなウィルソン。徐々に評価を高めていき、ローレンスと同じくらいの評価を受けています。

とにかくスローイング技術が魅力的!ロングパスも短いクイックパスも安定感があって、トム・ブレイディに匹敵するほどのパス技術を持ってるんだとか!!

 


↑スカウトマンを集めてのプロデイでびっくらぽんのパスを見せてくれました。

 

さらにある程度のランも期待ができるし、個人的には今年最も期待が高い選手です。パトリック・マホームズにも似た感じもします。

指名予想は全体2位指名権を持ってるジェッツが獲るでしょう。サム・ダーノルドをトレードで放出してるので、他のQBの評価が上がらない限りウィルソン獲得です!!

 

ジャスティン・フィールズ (オハイオ州立大)

Embed from Getty Images

生年月日 1999年3月5日
身長体重 191cm, 103kg
受賞・記録 オールBig10選出(2019,2020)
指名予想 49ers、ファルコンズ

 

今年の全米優勝決定戦に進出し、惜しくも準優勝となったオハイオ州立大の先発QB。それでもローレンス率いるクレムソン戦では385ヤードパスと6つのタッチダウンで大勝しています!!

かなり足が速いようで、40ヤード走では4秒44という驚異的なタイムを叩き出してます。

 

これってレシーバーたちとほとんど変わらないスピード。2020年のコンバインに出てたら全体で17位に入る記録です。

そんなに足が速いのに試合ではランに頼りすぎないところが魅力的!2019シーズンでは41タッチダウンを決めていて、さらにインターセプトはたったの3つという高い安定感。

 

ラマー・ジャクソンのようなタイプのQBになれるか注目ですね。今まで40ヤード走で好記録を出したQBたちはそんなに活躍していないイメージ。ブレイディは歴代最下位レベルの遅さでしたし。

指名予想はトレードアップしてきた49ersか、その次の指名権を持ってるファルコンズあたりでしょう。

 

トレイ・ランス (ノースダコタ州立大)

Embed from Getty Images

生年月日 2000年5月9日
身長体重 191cm, 100kg
受賞・記録 なし
指名予想 49ers、ファルコンズ、ブロンコス

 

いわゆる強豪校と呼ばれてるチームたちとは1つ下のディビジョンに属しているノースダコタ州立大学。その中で無双状態だったのがランスです。

高い身体能力を武器にガンガン走ってくるし、投げてもキレのある美しいパスを見せてくれます。でも走る動作が大きいので、ラマー・ジャクソンのようには走れないかもです。ダニエル・ジョーンズとはジョシュ・アレンのように、ここぞという場面でロングランが炸裂しそう。

 

昨年は新型コロナウイルスの影響で1試合にしか出場していません。なのでNFLでいきなり先発というのは考えられないかな。まずはバックアップとして1年間勉強してから登場してほしい!!

指名予想は49ers、ファルコンズ、ブロンコス。どちらも獲らなかったら2巡目の可能性もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trey Lance(@trey.lance)がシェアした投稿

思ったよりも可愛らしい顔立ちしてます。

 

マック・ジョーンズ (アラバマ大)

Embed from Getty Images

生年月日 1998年9月5日
身長体重 191cm, 97kg
受賞・記録 全米チャンピオン(2020)
指名予想 49ers、ファルコンズ、ブロンコス

 

昨シーズンの全米チャンピオンに輝いたアラバマ大の先発QB。パス成功率とQBレーティングは史上最高記録を達成していて、かなり高いレベルのスローイング技術を持ってるようです。

中でもクイックで投げるショートパスの精度はアーロン・ロジャースやトム・ブレイディと似ているものがあり、今年のドラフトQBの中では最も安定しているとの評価もあります!

 

 

 

それでも低めの評価を受けてるのは、アラバマ大が強豪過ぎて優秀なOLやレシーバーのおかげでジョーンズが活躍できてるという疑いがあるから。NFLレベルのパスラッシュやCB相手にどれだけ通用するのか疑っちゃうんですね。ジョーンズを活かすためには強力なOLも形成する必要があります。

指名予想はここも49ersとファルコンズとブロンコスにしました。じっくり育てるといった面では、マット・ライアンがいるファルコンズに指名してほしいところです。

 

まとめ

以上、注目すべき5人のQBをご紹介しました。

ローレンスとウィルソンは指名チームがほぼ決まっているような状況ですが、残り3人がどこに指名されるかは結構割れています。もしかしたら2巡目に回ってしまうかもしてませんね。

QBはチームの柱なので他のポジションに比べたら移籍は少ない方です。まさにチームの命運がかかったドラフトは見逃せません!!

 

あわせて読みたい

NFL 2021 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1538)

新品価格
¥1,650から
(2021/9/2 23:39時点)

Twitterでフォローしよう