【プレビュー】カンファレンスチャンピオンシップの見どころ紹介!

 

ったチームがスーパーボウルに進めるカンファレンスチャンピオンシップ!!

ここで勝つか負けるかは天と地ほどの差があります。

運命の2試合の見どころを見ていきましょう!

パッカーズ vs バッカニアーズ

NFC カンファレンスチャンピオンシップ (定刻)

 

プレーオフの成績 パッカーズ

結果

チーム1234得点
パッカーズ3166732
ラムズ378018
プレーオフの成績 バッカニアーズ

結果

チーム1234得点
ワシントン079723
バッカニアーズ9901331

結果

チーム1234得点
セインツ677020
バッカニアーズ01371030

今季リーグNo.1のディフェンス力を持っていたラムズに勝利したパッカーズ。得点力の高さを証明しましたね!!

中でもRBアーロン・ジョーンズが99ヤードのラン獲得と1つのタッチダウンで活躍を見せていました。

対するバッカニアーズは、レギュラーシーズンで2敗してたセインツ相手にディビジョナルラウンドで勝利!

QBトム・ブレイディのプレーオフでの強さを物語っています。

ディフェンス陣も3つのインターセプトに1つのファンブルリカバーで、セインツオフェンス陣を混乱させてましたね。

 

この対決は、バッカニアーズのディフェンス陣がパッカーズの攻撃を止められるかがポイントとなりそうです。

 

リーグ最少失点だったラムズから32点も取ってるパッカーズですから、そう簡単に止められるとは思えません。

ただ、今季のWeek6で対戦した時には38対10でバッカニアーズが勝利を挙げています!

Embed from Getty Images

 

その時はQBアーロン・ロジャースをわずか160ヤード、3つのインターセプトにタッチダウンパスはゼロと完璧に抑えてます。

 

37歳のアーロン・ロジャースと、43歳のトム・ブレイディのベテラン対決が楽しみすぎる!!!

この投稿をInstagramで見る

 

NFL(@nfl)がシェアした投稿

 

ここに注目!!
サックが勝敗のカギを握る!!
今季の対戦ではバッカニアーズが5つのサックを食らわせ、それが大きな勝因となっています。

しかしパッカーズは先週のラムズ戦で、被サック0に抑えるなどオフェンスラインが安定してきています。
再びサックを量産できれば勝利はバッカニアーズに傾きますが、パッカーズのオフェンスラインが安定したら最強攻撃陣が火を噴くことでしょう!!

どっちが勝つと思う?

  • パッカーズ (67%, 31 Votes)
  • バッカニアーズ (33%, 15 Votes)

Total Voters: 46

Loading ... Loading ...

チーフス vs ビルズ

AFC カンファレンスチャンピオンシップ (定刻)

 

プレーオフの成績 チーフス

結果

チーム1234得点
チーフス6133022
ブラウンズ307717
プレーオフの成績 ビルズ

結果

チーム1234得点
ビルズ7731027
コルツ3701424

結果

チーム1234得点
ビルズ3014017
レイブンズ03003

 

ブラウンズ戦ではQBパトリック・マホームズが脳震盪で途中退場するアクシデント発生。それでもチームの総合力で勝ったチーフス!

Embed from Getty Images

 

WRタイリーク・ヒルとTEトラビス・ケルシーはどんな状況でも活躍するからほんとすごいです。

ふたりともブラウンズ戦で100ヤード越えのレシーブを記録し、ケルシーは16試合中12試合で70ヤード以上のレシーブと恐ろしい安定感があります。

 

ビルズはレイブンズをたった3点に抑えディフェンス戦を制しています。

特にCBタロン・ジョンソンの101ヤードインターセプトタッチダウンはお見事!!

 

オフェンス陣はWRステフォン・ディグスがお得意のロングパスをどんどんキャッチし、8回のレシーブだけで106ヤードも稼ぎました。

 

どちらもロングパスの攻撃が得意なチームですが、20ヤード以上のプレーに対するディフェンスでは、ビルズが8位チーフスは23位となっています。

ビルズが得意のロングパスで主導権を握れるかがポイントになりそうですね!

 

チーフスのQBマホームズは25歳で、ビルズのQBアレンはまだ24歳とNFCとは反対に若いQB対決となります!

この投稿をInstagramで見る

 

Buffalo Bills(@buffalobills)がシェアした投稿

まさに次世代のエースQB対決。
どちらがスーパーボウルでベテランQBと相まみえるでしょうか!!!

 

ここに注目!!
チーフスの攻め方に注目!!!
パトリック・マホームズと最強レシーバー陣が繰り出すパス攻撃は見事なもんですが、ビルズのパスディフェンスもどんどん調子を上げていってます。

一方で地上戦のラン成績を見てみると、ビルズは先週のレイブンズ戦でたった32ヤードしか走れておらず、逆にレイブンズに150ヤードもランで許しています。

 

さらに今季のWeek6でチーフスと対戦した時は、ランだけで245ヤードもチーフスに獲得されています。

 

こうなるとビルズとしてはチーフスのランに警戒しなきゃいけませんが、そこに意識しすぎるとパスを通されてしまう難しいディフェンスを強いられますね。

チーフスがどういったオフェンスを仕掛けてくるのか非常に楽しみです!!

どっちが勝つと思う?

  • チーフス (50%, 23 Votes)
  • ビルズ (50%, 23 Votes)

Total Voters: 46

Loading ... Loading ...

奇妙な偶然

ここまで読んでいて何かに気付きませんでしたか?

そうです、なんとどちらの試合も既に今季のWeek6で対戦しているのです!!

 

その時はバッカニアーズとチーフスがそれぞれ勝っています。

結果

チーム1234得点
バッカニアーズ02810038
パッカーズ1000010

結果

チーム1234得点
ビルズ370717
チーフス767626

 

こんな偶然ってなかなかないですよね!

ちなみにプレーオフでパッカーズとバッカニアーズが対戦するのは23年ぶりのこと。チーフスとビルズは27年ぶりで、どちらも久しぶりの対決になるんですね!

 

日本でも生放送される!

これは日本のNFLファンに朗報。

なんとNHKのBS1で2試合とも生放送するんです!!

 

DAZNや日テレジータスの契約をしてない人にとってはかなり嬉しい!!!

第1試合はAM5:00からで、第2試合はAM8:30からの放送となってます。かなり朝早いですが、逆に仕事が始まる前に観れるということ!

 

そんなに早く起きれない方は録画をお忘れなく!

 

あわせて読みたい

NFL 2021 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1538)

新品価格
¥1,650から
(2021/9/2 23:39時点)

Twitterでフォローしよう