【プレビュー】プレーオフ2回戦|全4試合のポイントを徹底紹介!!

 

レーオフ2回戦目、ディビジョナルラウンドが始まります!!

このラウンドからいよいよスーパーボウル候補の第1シードチームが登場。全4試合を徹底紹介します!!

パッカーズ vs ラムズ

ディビジョナル NFC 第1試合 (定刻)

 

第1シードのパッカーズは高い得点力が武器。得点数では今季リーグ1位を誇り、QBアーロン・ロジャースの安定感が見受けられますね!

対するラムズはリーグNo.1のディフェンス陣がカギを握りそう。ワイルドカードでのシーホークス戦でも、5つのサックにパス喪失ヤードを174ヤードに抑える活躍を見せています!!

 

パッカーズはリーグ2位の被サック数で、ラムズの最強DLとの対決が楽しみです。しかし重要OLのデイビッド・バクティアリの離脱が不安材料。

Embed from Getty Images

 

ラムズは得点力の高いパッカーズオフェンスを止められるかがポイントですね!シーホークス戦で見せたパフォーマンスを発揮できれば十分に勝ち目があります。

 

ここに注目!!
3人の”アーロン”がカギを握る!!
1人目はパッカーズのQBアーロン・ロジャース。
37歳のベテラン司令塔がどのような試合を作るのか!
2人目はパッカーズのRBアーロン・ジョーンズ。
パスディフェンスを得意とするラムズに対して、地上戦のジョーンズがカギを握ります。
3人目はラムズのDLアーロン・ドナルド。
ターミネーターと呼ばれたこの男がパッカーズの攻撃を止めるキーマンとなりそうです!

Embed from Getty Images

どっちが勝つと思う?

  • パッカーズ (58%, 32 Votes)
  • ラムズ (42%, 23 Votes)

Total Voters: 55

Loading ... Loading ...

ビルズ vs レイブンズ

ディビジョナル AFC 第1試合 (定刻)

 

ビルズはワイルドカードのコルツ戦で高い攻撃力を見せました。QBジョシュ・アレンは324ヤードのパス獲得に2つのタッチダウンを決めています!

またWRステフォン・ディグスもたった6回のレシーブで128ヤードも獲得し、ロングパスの強さを見せています。

 

レイブンズはQBラマー・ジャクソンのランプレイが炸裂!QBながら136ヤードも走り、ワイルドカードラウンドでは最も走った選手となってます。

 

ビルズは20ヤード以上のプレー成功数がリーグ4位、対するレイブンズは20ヤード以上のプレーに対するディフェンスがリーグ4位ととてもいい勝負に!

さらにビルズはQBによるタッチダウンを多く許していて、ラマー・ジャクソンのプレイに対応できるか不安材料です。

 

ここに注目!!
ジョシュ・アレンとラマー・ジャクソンは同期!
2人はQBの当たり年と言われた2018年にドラフトで入団しています。(その年の1位指名はブラウンズのベイカー・メイフィールド)
アレンは7位指名でジャクソンは32位指名。今後も長く続くであろう同期対決に注目です!!

Embed from Getty Images

 

どっちが勝つと思う?

  • ビルズ (62%, 33 Votes)
  • レイブンズ (38%, 20 Votes)

Total Voters: 53

Loading ... Loading ...

 

チーフス vs ブラウンズ

ディビジョナル AFC 第2試合 (定刻)

 

今季リーグ最高勝率のチーフスが登場。
QBパトリック・マホームズを起点に展開されるパス攻撃は破壊力抜群です!

WRタイリーク・ヒルにTEトラビス・ケルシーなどトップレシーバーがいながら、実に5人もの選手が今季400ヤード以上のレシーブを記録。バリュエーションの豊富さを物語っています。

Embed from Getty Images

 

ブラウンズはワイルドカードラウンドで宿敵スティーラーズに勝利!

荒れた展開となったものの、最後はQBベイカー・メイフィールドがしっかり試合を作りましたね。4つのインターセプトを記録したディフェンス陣も立派です!

Embed from Getty Images

 

ブラウンズとしてはある程度の失点は覚悟し、打ち合いの展開に持っていければ勝機はあります。特にチーフスはランディフェンスがいまいちなので、RB2名で突破できるか期待ですね!

対してチーフスはいつも通りの試合運びができれば勝てるはず。ラスト3試合でのマホームズのパフォーマンスは良くなかったものの、2週間の休みで回復していることでしょう!

 

ここに注目!!
チーフスはRED ZONE内のタッチダウン数が少ない!!
RED ZONEとは敵陣エンドゾーンから20ヤード以内のエリアのこと。
得点力が高いチーフスですが、意外にもRED ZONE内からのタッチダウン数はリーグ19位とよろしくありません。その代わり20ヤード以上のプレーでのタッチダウン数はリーグ1位。
ブラウンズとしてはロングプレーをなんとか止めれば勝機が見えてきそうですね!

どっちが勝つと思う?

  • チーフス (77%, 48 Votes)
  • ブラウンズ (23%, 14 Votes)

Total Voters: 62

Loading ... Loading ...

セインツ vs バッカニアーズ

ディビジョナル NFC 第2試合 (定刻)

 

ワイルドカードラウンドでは安定した試合を見せたセインツ。例年と違いディフェンス陣の安定感がすごいですね!

病み上がりのRBアルビン・カマラもしっかり99ヤード走り、怪我から復帰したWRマイケル・トーマスも要所で活躍を見せています!

 

バッカニアーズはワイルドカードラウンドでなんとか逃げ切った展開。QBトム・ブレイディはプレーオフの戦い方を知っていますね。

追いつかれそうになった時にしっかりとプレーを決める上手さというか、ここまで冷静に戦えるQBはやはり少ないです!

Embed from Getty Images

 

オフェンス陣に注目が行きがちですが、意外とディフェンス勝負になってくるのかなと思ってます。

お互いに今季はディフェンス陣が好調だったので、この試合もしびれる展開になることを期待します!!

 

ここに注目!!
今季の対戦成績はセインツの2勝0敗!!
NFC南地区同士の対決は今季で3戦目となります。前の対決では38対3でセインツが勝つなど、相性の良さを見せていますね。
しかしプレーオフではそう簡単にいきません。
トム・ブレイディはプレーオフ通算31勝を挙げていて、ドリュー・ブリーズは9勝にとどまっています。
ふたりの年齢を足すと85歳となり、まさにレジェンド・マッチとなるこの一戦。

もしかしたらこの2人の対戦が見れるのはこれで最後かもしれませんよ!!

どっちが勝つと思う?

  • セインツ (57%, 38 Votes)
  • バッカニアーズ (43%, 29 Votes)

Total Voters: 67

Loading ... Loading ...

 

 

あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう