アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【試合結果】接戦が多かったWeek2を振り返る!

 

週のNFLはここ数年でも珍しいほど接戦のゲームが多かった!

ドキドキしすぎてかなり疲れましたが、早速試合結果を振り返ってみましょう!!

半分の試合が接戦の展開

Week2の16試合中8試合もの試合が、1ポゼッション差(1回の得点で追いつける差。つまり8点以下)で終わるという大接戦の週でした!

これほどまでに白熱した展開が多い週は珍しいですね。無観客なのがもったいない!と思うほど楽しかったです!

 

その中でも面白かった試合を振り返ってみます!

 

 

ファルコンズ vs カウボーイズ

結果

チーム 1 2 3 4 得点
カウボーイズ 0 10 14 16 40
ファルコンズ 20 9 0 10 39

 

第1Qの時点で20vs0という大差だったんですが、じわじわとカウボーイズが追い上げてきました。

そして成功率がかなり低いオンサイドキックに挑んだんですが・・・

なんと決めた!!!!
なぜファルコンズの選手は取らなかったのかは謎ですが、このチャンスをしっかりと活かし大逆転で今季初勝利!

 

ファルコンズの攻撃力も凄かったんですが、カウボーイズのQBダク・プレスコットの負けん気が上回ってた。

カウボーイズのオーナー、ジェリー・ジョーンズも大喜び。

 

シーホークス vs ペイトリオッツ

結果

チーム 1 2 3 4 得点
シーホークス 7 7 14 7 35
ペイトリオッツ 7 7 3 13 30

 

Week2の注目試合だったのですが、期待を裏切らずに良い試合をしてくれました!

まずペイトリオッツのQBニュートンは397ヤードも投げて(1試合で300ヤード超えたらかなり優秀)、自分でも2つタッチダウンランを決めました。

肩の状態が懸念されてたけど、この日のプレーを見たらもう不安はないでしょう!かなりいい状態に見えます!!

 

対するシーホークスのQBウィルソンはなんと5つのタッチダウンパスを記録!

なにが凄いって5人の選手でタッチダウンを決めたこと。
エースWRだけじゃなく、どんな選手も活躍させてしまうとこが能力の高さを物語っています。

 

チャージャーズ vs チーフス

結果

チーム 1 2 3 4 OT 得点
チャージャーズ 7 7 3 3 0 20
チーフス 0 6 3 11 3 23

 

チャージャーズにとっては『SoFi スタジアム』のオープニングゲーム。そしてドラフト1巡目指名のジャスティン・ハーバートのデビュー戦です!
Embed from Getty Images

 

結果はオーバータイムの末にチーフスが勝ちましたが、王者相手にチャージャーズも善戦!!パス獲得ヤード数はマホームズよりハーバートの方が多かったです。

 

これ勝てるんじゃないか!と思ってましたが、さすがマホームズでしたね(笑)

見事に逆転されてしまいました。

 

今週の好プレー

今週はたっくさん好プレーがあったんですが、やっぱりこれを選ばさせていただきます!

49ersのRBラヒーム・モスタートのプレー

試合開始1発目のプレーでいきなり80ヤードのタッチダウンラン!

モスタートも凄いんですが、みんなのブロッキングが本当にうまいこと・・・。

作戦が確実に遂行されるチームってかなり強い!
今年の49ersも地上戦では負けなしでしょう。

 

まとめ

その他の試合結果
注目チームはレイダースですね!
劣勢だったセインツ戦で圧倒的な攻撃力を見せつけました。
チーフスと優勝争いできるかも!?
あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう