アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

エイプリルフール!?グロンコウスキーがNFLに復帰!!

 

から目を疑うニュースが飛び込んでました…。

元ペイトリオッツのグロンコウスキーがNFLに復帰!しかもバッカニアーズで!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚨🚨 TRADE 🚨🚨 Patriots agree to trade Rob Gronkowski to the Buccaneers. (via @rapsheet) - 📺: Adrian Kraus/AP

NFL(@nfl)がシェアした投稿 -

今日は4月1日じゃないよね・・・。
フェイクニュースと言われても納得しちゃいます(笑)

嬉しい半分、やっぱりか…という複雑な気持ちで記事を書いております。

バッカニアーズがトレードで獲得

グロンコウスキーはペイトリオッツからバッカニアーズに、トレードで移籍という形となってます。

 

引退したのになんでトレード?って思いますよね。
私も思います。w

引退した選手は最後に所属してたチームでしか復帰できないのかな?

知ってる方がいたら教えてください。

 

バッカニアーズといえば、チームメイトだったQBブレイディが移籍したことでも話題になってますよね!

 

グロンコウスキーはペイトリオッツで復帰に関心もありましたが、ブレイディと共にバッカニアーズでプレーをすることに決めました。

他のQBではダメなんでしょうかね。

 

グロンコウスキーってこんな人

「そもそもグロンコウスキーって誰よ」
「チャイコフスキーみたいな名前してるけど知らんぞ」

・・・って方もいらっしゃることでしょう。

簡単にグロンコウスキーについて説明します!

 

最高のタイトエンド

本名ロブ・グロンコウスキーはタイトエンドの選手。
1989年生まれで現在30歳。

あだ名は「Gronk=グロンク」

この投稿をInstagramで見る

 

Tampa Bay Buccaneers(@buccaneers)がシェアした投稿 -

 

2010年にペイトリオッツでデビューして18年シーズンで引退しました。

彼はとにかくフィジカルが強い。
198㎝,122㎏の巨漢でタックルを受けても倒れない。

そしてキャッチングがめちゃ上手です!

リーグ最多タッチダウンというタイトエンドとしての異例の記録を出したり、1,000ヤード越えのシーズンが何度もある名レシーバーです。

もちろん数々の賞を受賞していて、”歴代最高のタイトエンド”とも呼ばれてます!

 

しかし不運なことに怪我が多かった・・・。

そんなこともあり29歳という若さで引退してました。

 

かなりなパリピボーイ

誰もが認める超一流の選手ですが、プライベートでは「パリピボーイ」としても有名です。笑

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Gronkowski(@gronk)がシェアした投稿 -

 

こんな訳の分からない写真もあります。

 

そして1番驚かされたのが、スーパーボウルを優勝したチームしか貰えない「ヴィンス・ロンバルティ・トロフィー」でバントをしてるこの動画。

 

しっかりへこんでます。
日本だったら大炎上してるからね!!!

こんな感じで自由奔放なのも彼が人気な理由の1つ。

 

ブレイディ×グロンク

ブレイディとグロンクは2010年からの付き合い。

ペイトリオッツ王朝真っ最中の中心選手でした!

Embed from Getty Images

タッグを組んだ9年間でスーパーボウル5回進出、3回優勝いう無双ぶりを発揮してます。

困ったときにはグロンク。
18年のスーパーボウルでも勝利を呼び込んだのはグロンクのプレーでした。

 

そしてバッカニアーズで再度タッグを組むふたり。
再びスーパーボウルの舞台に立てるか楽しみです!!

 

~あわせて読みたい~

Twitterでフォローしよう