アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【FA情報】今年の注目FA選手トップ10!!!

 

ーズンオフの楽しみの1つ、FAによる選手の移籍がそろそろ始まります!

 

3月15日時点で、まだどこのチームに行くか分からない注目の選手を、筆者の個人的ランクで10人挙げてみます。

 

FAや移籍に関する説明はこちらの記事で↓↓

 

10位 フィリップ・リバース(チャージャーズ)

Embed from Getty Images

チャージャーズのエースQB。
でももうチャージャーズとは契約しないと言ったので、確実に移籍はします。

引退したジャイアンツのQBイーライ・マニングと同期で、もう38歳と若くありません。
2018シーズンは安定した力を見せてプレーオフ進出しましたが、昨シーズンはインターセプトが多くよくない結果に終わりました。

 

噂ではコルツが狙ってるとあります。
これだけ長くやってるのにスーパーボウルに出れてないので、辞めるに辞められないでしょう。笑

 

9位 バイロン・ジョーンズ(カウボーイズ)

Embed from Getty Images

怪物級の身体能力を持っているCB。
カウボーイズのエースCBです。

インターセプトは少ないものの、パスディフェンスとタックルが多いのが魅力的。昨シーズンは全体的に数字を落としてますが、カウボーイズは簡単に手放さないでしょう。

 

8位 デリック・ヘンリー(タイタンズ)

Embed from Getty Images

タイタンズのRBで昨シーズン1番走った人です。
このブログによく出てきますね。笑

 

タイタンズがカンファレンス決勝まで進めたのは、ヘンリーの力が大きく関係してます。

チームの顔となる選手ですから、タイタンズは手放さないでしょう。

 

7位 ジャドベオン・クローニー(シーホークス)

Embed from Getty Images

DLの端っこ、DEを担当してるクローニー。
テキサンズ時代にはJ.J.ワットとコンビを組んで、相手OLに恐れられていました。

5年間テキサンズに在籍した後、1年限定でシーホークスにやって来ました。こういう契約の仕方だと、結構放出が多いイメージなんで今後の動きに注目です。

 

6位 クリス・ジョーンズ(チーフス)

Embed from Getty Images

こちらはDLの内側、DTのジョーンズ。
チーフスディフェンスの中心的選手です。

2018シーズンにはDTながら15.5サックというすごい成績を残しました。そしてまだ25歳という若さですから、チーフスも将来を考えて放出はしないでしょう。契約金額にも注目です💰

 

5位 ライアン・タネヒル(タイタンズ)

Embed from Getty Images

タイタンズのエースQBになったタネヒル。

2012年にドルフィンズからドラフト1巡目指名されて入りましたが、そんなに活躍することなくタイタンズへとやって来ました。

タイタンズのQBマリオタの控えとしてやって来たのですが、マリオタが不調になると先発として起用。するとどうでしょう!どんどん勝ち進んでいくではありませんか!!

 

タネヒルが先発してから7勝3敗と相性がいいですから、タイタンズが手放すことは想像できませんね!

逆にマリオタを放出すると思われます。

 

4位 アマリ・クーパー(カウボーイズ)

Embed from Getty Images

カウボーイズのエースWR。
QBプレスコットとのホットラインです。

元はレイダースにいましたが2018シーズン途中にカウボーイズに加入。一気にチームのメインターゲットとなりました。

レシーバー不足のカウボーイズが放出するとは考えられませんが、カウボーイズは他にもFAの選手がたくさんいるので、もしかしたら放出もあり得るかもしれません。

3位 A.J.グリーン(ベンガルズ)

Embed from Getty Images

ベンガルズのスター選手。
リーグでもトップWRとして活躍してます。

2011年からのキャリアで、ほぼ毎年1,000ヤード以上レシーブしていて、プロボウルにも7回選ばれてます。

しかし2019年に足を怪我してそこから1試合も出れてない状況。31歳と若くもないので、ベンガルズがどこまで引き留めるか分かりません。でも唯一のスター選手なので、手放すのも難しいかと、、。

 

2位 ダク・プレスコット(カウボーイズ)

Embed from Getty Images

カウボーイズのエースQB。
今年最大の目玉選手です

ドラフトでは4巡の126位で指名されたので、そこまで期待されてた選手ではありませんでした。

でも当時先発だったQBロモが怪我して、急遽出場したら「意外と彼やるじゃん!!」となり、ずっと先発を守ってます。

足が速いわけじゃないけど当たり負けしない体の強さと、コントロールの良さ、チームを鼓舞するリーダーシップ性が高くてリーグ屈指のQBと言えます。

 

今年のFA市場では最大の戦力ですが、正直カウボーイズが放出する確率はゼロに近いです。なので今回は2位としました。

 

1位 トム・ブレイディ(ペイトリオッツ)

Embed from Getty Images

もう誰でも知ってるであろうこの方。
G.O.A.T(Greatest Of All Time)ブレイディ様。

 

スーパーボウルを6度も制していて、42歳の今でも先発QBの座は譲ってません。でも数字だけで見ると、昨シーズンはあまりよくなかった。パス成功率も60%と下位の成績。

それでもしっかり地区優勝してるし、彼の哲学は誰にも真似できるものではありません。

ペイトリオッツはまだブレイディと再契約すると言ってないので、もしかしたら違うチームに移籍する可能性もあります!

 

あなたの推しチームに伝説ブレイディが来たら嬉しいですか!?

 

まとめ

今年はベテラン勢のFAが多い気がします。

ベテランとなると移籍する可能性が高くなるので、今年の市場は活発になるんじゃないでしょうか!

 

あと、セインツのQBブリーズもFA選手ですが、すでにセインツと再契約すると公言してるのでランキングからは外しました。

 

恐らく元いたチームと再契約する選手の方が多くなると思いますが、戦力を補強したいチームにとっては大金をはたいてでも欲しい選手がいるはずです。

今年の大型契約は誰になるのかも楽しみですね!!!

 

Twitterでフォローしよう