アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

NFLの順位の決まり方とは?スーパーボウルまでの流れを説明!

 

てのチームがスーパーボウル優勝を目指して、白熱した試合を繰り広げてくれます。

でもそもそもの疑問。

NFLって順位どうやって決まるの?

 

これが分からないとNFLは楽しめない!

ということで今回はNFLの順位の決め方について説明していきます。

カンファレンスと地区

まずはチームの所属について説明します。

NFLは2つのカンファレンスに分かれます。

 

AFC(American Football Conference)

 

NFC(National Football Conference)

 

各カンファレンスに16チーム所属してます。

2つの違いは歴史的背景だけでルールや制度などは全く同じ。日本のプロ野球で言えばパリーグとセリーグ的な存在ですね。

そしてそのカンファレンスの中には4つの地区が存在します。

東地区、西地区、北地区、南地区で各地区に4チームが所属。

なので全部で8つの地区が存在するわけですね。

 

例えばジェッツだったらAFC東地区。
シーホークスならNFC西地区となります。

 

地区優勝

各チームは1シーズンで16試合行います。
少ないですねぇ・・・。

 

16試合の結果で順位が決まりますが、各地区の1番勝ったチームが地区優勝となります。(勝ち数が同じだったら直接対決の結果で決まる)

地区優勝チームはプレーオフに進出できます。
プレーオフは1発勝負のトーナメント方式。

 

そしてプレーオフには14チームが進出できる。

 

・・・あれ?8地区なのに14チーム?
と思った方、するどいです!!笑

地区優勝した8チーム+6チーム出れるんです。

ではこの6チームは何なのかご説明しましょう。

 

ワイルドカード

日本ではあまり馴染みのない言葉ですね。

ワイルドカードとは、
トーナメントの参加権を持っていないチームが、特別に参加できるように設けられた特別枠”

プレーオフに進出できるのは地区優勝した8チームですが、ワイルドカード枠で+6チームも出場できるんです。

ではその決め方とは。

 

各カンファレンスで地区優勝したチームを除いて勝率が高かった4チームがワイルドカードになります。

下の順位表の黄色で囲まれてるのがワイルドカード。

例えばAFC西地区では2位だったチャージャーズ。AFCの中では勝率が地区優勝したチームを除いて1位だったので、プレーオフに進出できます。

 

ワイルドカードの意味合いとしては、同じ地区に強いチームが集まってしまった場合の公平さを取るためです。

※2019シーズンまではワイルドカードは4チームだったのですが、ルール改正によって6チームに増えました!

 

プレーオフ

地区優勝したチームとワイルドカードの12チームがプレーオフに進出できます。

プレーオフに出れるチームをまとめると

 

  • AFC/NFCの北地区優勝チーム
  • AFC/NFCの南地区優勝チーム
  • AFC/NFCの東地区優勝チーム
  • AFC/NFCの西地区優勝チーム
  • AFC/NFCで優勝チームを除いた勝率1位のチーム
  • AFC/NFCで優勝チームを除いた勝率2位のチーム
  • AFC/NFCで優勝チームを除いた勝率3位のチーム

 

プレーオフは1発勝負のトーナメント方式で優勝チームを決めていきます!

勝率によってシード権も出てくる。
こちらに詳しい内容が書かれてるので参考にしてみてください。

スーパーボウル

AFCとNFCのチャンピオンが激突するシーズンのクライマックスがスーパーボウル

NFLの優勝決定戦で国民イベントになってます。

こちらももちろん1発勝負

会場は5年前ほど前から決められます。
開催が2月なので暖かい地域で行われることが多い。

そして優勝したチームがその年のNFLチャンピオンとなります。

現役選手でスーパーボウル制覇をするって凄く難しいこと。狭き門のNFLのさらに狭き門をくぐらないとできません。

 

そんな中、生ける伝説トム・ブレディ様は6回も優勝しちゃってますけどね(イヤミ)

 

まとめ

今回は順位の決まり方をざっと紹介しました。

まとめてみましょう!!

・AFCとNFCのカンファレンスに分かれる
・さらに東西南北の地区に分かれる
・地区優勝したチームを除いた勝率の高い4チームがワイルドカード
・12チームがプレーオフに進出できる
・優勝決定戦はスーパーボウル

野球と違って試合数がとっっても少ないのでシンプルです!

そして1発勝負のプレーオフもしびれる!!

 

順位表ページはこちらをクリック

あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう