【移籍情報】JJ・ワットがカーディナルスへ移籍!

 

キサンズから放出されていたJJ・ワットですが、カーディナルスと契約を結んだとのニュースが入ってきました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NFL(@nfl)がシェアした投稿

 

どこのチームと契約するのか連日話題となっていましたが、カーディナルスってのは予想外でした。

今回の移籍情報をまとめてみましょう!

JJ・ワットのプロフィール

Embed from Getty Images

生年月日 1989年3月22日
出身地 ウィスコンシン州ウォーキショー
出身大学 ウィスコンシン大学
ドラフト順位 1巡目全体11位
所属チーム ヒューストン・テキサンズ
受賞・記録 年間ディフェンスMVP3回、年間サック王2回、オールプロ選出5回、プロボウル選出5回

 

 

過去2回サック王に輝き、年間ディフェンスMVPも3回受賞しているリーグを代表するスター選手。

 

ワットはまるで野獣のようなパワフルなプレーをしますが、コートの外ではとても紳士的。ハリケーンの被害があった時は寄付だけでなく、自らボランティアに出向くなどNFL選手として模範となっています。

Embed from Getty Images

 

ここ数年のワットは怪我に悩まされています。この5年間でフル出場できたのは2シーズンのみ。

2020シーズンはフル出場を果たしましたが、デビュー年よりも低いサック数に終わっています。

 

32歳ともう若くないワットですが、新しい活躍の場を求めてテキサンズを離れました。

 

今オフにテキサンズから放出

JJ・ワットは既にテキサンズから解雇という形で放出されていました。

Embed from Getty Images

テキサンズからの戦力外通告のような感じではなく、JJ・ワット側からリリースしてくれるようお願いしたらしいです。

 

32歳となるワットですからスーパーボウル制覇を目指せるのも今年で最後となるかもしれません。そうなるとチーム改革真っ最中のテキサンズでは時間が足らないわけですね。

今のテキサンズはWRデアンドレ・ホプキンスを放出したり、QBデショーン・ワトソンが放出を望んでいたりと結構ゴタゴタです。

 

それでもJJ・ワットとテキサンズは喧嘩別れという感じじゃなく、円満にこの放出が決まった感じがします。ワットの人の良さが出てますね。

 

なぜカーディナルスなのか

恐らく多くのチームが獲得を目指して交渉していたはずですが、選ばれたのはカーディナルスでした。

一体なんでなんでしょう。

 

明確には分からないので、ここからは個人的な推測でお話します。

まず大きな要因は、WRデアンドレ・ホプキンスの存在じゃないでしょうか。

 

ホプキンスは2013年から7年間テキサンズでプレーしていましたが昨年にカーディナルスへトレードされました。

そして新天地で大きな活躍を見せ、低迷していたカーディナルスをプレーオフまであと一歩のところに導きます!

 

ワットとホプキンスは7年間チームメイトでしたから、揺るがない信頼関係というのも形成されてたことでしょう。

Embed from Getty Images

 

そして積極的な補強を展開して勝負に出ているカーディナルスと、ワットのスーパーボウル制覇という互いの想いがマッチしたんでしょうね!

 

まとめ

JJ・ワットといえばテキサンズだったし、テキサンズを強くしたのはワットと言えるほどチームに貢献していました。

チームの顔だった選手が移籍してしまうのは寂しいですが、ぜひスーパーボウルリングを獲ってほしい!!

 

ワットとホプキンスが好きだったオードリーの若林さんはこれで完全なカーディナルスファンとなるのかな?笑

 

あわせて読みたい

NFL 2021 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1538)

新品価格
¥1,650から
(2021/9/2 23:39時点)

Twitterでフォローしよう