アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【NFL Top100 in2020】選手達が決めるランキング100! 70位~61位

 

手による2020年プレイヤーランキング!
今回は70位から61位をサクッとご紹介。

 

NFL Top 100とは
毎年オフシーズンにNFLが行う企画。
前年の活躍からその年のベストプレイヤーを選ぶ。NFLプレイヤー自身が選ぶので、人気ではなく本当の実力が分かってくる。

[70位] フレッド・ワーナー
/ Fred Warner

Embed from Getty Images

所属チーム サンフランシスコ・49ers
ポジション ラインバッカー(LB)
生年月日 1996年11月19日
出身大学 ブリガムヤング大学
ドラフト順位 3巡目全体70位
昨年の順位 ランク外

 

49ersのディフェンスの要が初ランクイン!
ランだけでなくパスプレイにも対応できるワーナー。プレーオフでもビッグプレーを決めてスーパーボウル進出に貢献しました。

最近ではワーナーのトレーニング動画が話題に。格闘技のようなトレーニングなんですが、アクションスターも顔負けの見事な動き!NFL引退後はハリウッドかな??

[69位] ラリー・フィッツジェラルド
/ Larry Fitzgerald

Embed from Getty Images

所属チーム アリゾナ・カーディナルス
ポジション ワイドレシーバー(WR)
生年月日 1983年8月31日
出身大学 ピッツバーグ大学
ドラフト順位 1巡目全体3位
昨年の順位 60位

 

NFL界のジェントルマンがここで登場!
フィッツジェラルドはカーディナルス一筋17年で御年37歳。気性が荒い選手が多いNFLの中、非常に紳士的な振る舞いで皆から愛されるスター選手なんです。

昨シーズンはQBマレーが先発となりましたが、レシーバーからするとQBがコロコロ変わるのは嫌がられるらしい。けどもフィッツジェラルドは安定した成績を残してます。今年も期待できるぞ!!

 

[68位] ライアン・タネヒル
/ Ryan Tannehill

Embed from Getty Images

所属チーム テネシー・タイタンズ
ポジション クォーターバック(QB)
生年月日 1988年7月27日
出身大学 テキサスA&M大学
ドラフト順位 1巡目全体8位
昨年の順位 ランク外

 

バックアップから一気にエースQBへとなり上がったタネヒルが見事ランクイン!昨シーズンのタイタンズは優勝候補を次々と倒して、まさしく台風の目となったチームでした。

18年シーズンまでドルフィンズに在籍してましたが、昨シーズンにタイタンズへと移籍。控え選手だったものの出場してみるとあら不思議。タイタンズの攻撃力が一気にアップしました。警戒される今シーズンが正念場となりそうです。

 

[67位] デマリオ・デービス
/ Demario Davis

Embed from Getty Images

所属チーム ニューオーリンズ・セインツ
ポジション ラインバッカー(LB)
生年月日 1989年1月11日
出身大学 アーカンソー州立大学
ドラフト順位 3巡目全体77位
昨年の順位 ランク外

 

キャリア9年目で初のランクイン。逆になんで今までランク外だったのか不思議なくらいポテンシャルが高い選手です。

ズッシリとした体格で相手を確実に仕留めるタックルと、意外にもパスディフェンスにも対応できています。昨シーズンは自身初のオールプロに選ばれて嬉しい1年でしたね!

 

[66位] ラレミー・タンシル
/ Laremy Tunsil

Embed from Getty Images

所属チーム ヒューストン・テキサンズ
ポジション オフェンスライン(OT)
生年月日 1994年8月2日
出身大学 ミシシッピ大学
ドラフト順位 1巡目全体13位
昨年の順位 ランク外

 

昨シーズンにドルフィンズからテキサンズへと移籍し、QBワトソンを守り抜きました。142㎏というサイズを活かしたパスプロは天下一品です。

高校時代からスター選手だったタンシル。もっと上位にいってもおかしくない選手です。

 

[65位] タイラー・ロケット
/ Tyler Lockett

Embed from Getty Images

所属チーム シアトル・シーホークス
ポジション ワイドレシーバー(WR)
生年月日 1992年9月28日
出身大学 カンザス州立大学
ドラフト順位 3巡目全体69位
昨年の順位 98位

 

昨年よりも33つ順位上げの大躍進!!
WR不足と言われたシーホークスで、エースレシーバーへと成長したロケット。リターナーとしても輝かしい成績を残してます。

昨シーズンはそんなに成績を上げたわけじゃないですが、大事なとこで決めた印象が強いですね、何よりこのプレーが順位を上げた原因かも!?

[64位] ハリソン・スミス
/ Harrison Smith

Embed from Getty Images

所属チーム ミネソタ・バイキングス
ポジション セーフティ(FS)
生年月日 1989年2月2日
出身大学 ノートルダム大学
ドラフト順位 1巡目全体29位
昨年の順位 83位

 

バイキングス9年目となるスミスが今年もランクイン。彼は安定してますね。彼が入ってからバイキングスも安定した結果を残してます。

ラインバッカーのように相手のプレイを読むのが上手いと言われてます。昨シーズンも11回のパスディフェンスに成功していて、相手にビックゲインは許しません。

 

[63位] プレストン・スミス
/ Preston Smith

Embed from Getty Images

所属チーム グリーンベイ・パッカーズ
ポジション ラインバッカー(LB)
生年月日 1992年11月17日
出身大学 ミシシッピ州立大学
ドラフト順位 2巡目全体38位
昨年の順位 ランク外

 

ワシントンからパッカーズにしたら大活躍したスミス。昨シーズンは12個のサックを決め、これは18年シーズンの3倍もの数字になります!

スミスの特徴はスピード×アジリティ。相手OL選手をかわしてサックを量産します。ワシントンは惜しいことしたねーー。

 

[62位] デイビット・バクティアリ
/ David Bakhtiari

Embed from Getty Images

所属チーム グリーンベイ・パッカーズ
ポジション オフェンスライン(OT)
生年月日 1991年9月30日
出身大学 コロラド大学
ドラフト順位 4巡目全体109位
昨年の順位 43位

 

お次もパッカーズからランクイン。
キリっとしたお顔が特徴のバクティアリは、7年間QBロジャースを守り続けているオフェンスの土台選手。

アーロン・ロジャースとも仲が良さそうで、バスケの試合観戦時にはビールを一気飲みし、ロジャースに無茶ぶりしたのが話題です。

[61位] ジャービス・ランドリー
/ Jarvis Landry

Embed from Getty Images

所属チーム クリーブランド・ブラウンズ
ポジション ワイドレシーバー(WR)
生年月日 1992年11月28日
出身大学 ルイジアナ州立大学
ドラフト順位 2巡目全体63位
昨年の順位 84位

 

ブラウンズ2年目となった昨シーズンは、親友のオデル・ベッカムJrも加わり相乗効果でキャリアハイの成績を残せました。

ドルフィンズ時代から結構無理なパスを投げられてたイメージがあります。それでも1,000ヤードを超えてるからすごい。QBはランドリーに優しくしてあげて。

 

あわせて読みたい

Twitterでフォローしよう