アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【珍プレー】2019シーズンのおもしろ場面集ベスト5!

 

回は私の大好物、珍プレー・珍場面を集めてみました!

大真面目に試合をしてますが、ついつい笑っちゃうプレーや選手のユニークさが垣間見える場面もたくさん見れるのがNFLの醍醐味!!

 

2019シーズンから筆者のツボにはまった5つをご紹介します!

時が止まるセンター

まず1発目はこのプレーです。

スティーラーズvsペイトリオッツの一戦で起こった珍プレー。

 

おい!センターどうした!!

 

恐らくセンターがスナップカウントを勘違いして、QBのコールでボールをスナップしませんでした。でも他の選手は全員動いてしまったので、センターだけ時が止まったように見えます。笑

 

注目したいのが、この試合がシーズン初戦ということ!笑
超大事な試合で起こっちゃうのがまた面白いですね。

 


※タイトルをクリックして再生してください。

 

ちなみにこの時の反則は・・・
「False start Except center(センター以外フォルススタート)」という珍しいものでした。笑

 

それは読んじゃダメ!!

続いてはビルズからの珍場面。

絶対に読んではいけないものを読んでしまいます。

 

 

試合中にレイブンズのプレイシート(作戦が書いてある大事な紙)がコートの中に飛んできちゃって、それをビルズの選手が読んじゃいました。笑

すごい勢いで審判に取り返されてます。w

 


※タイトルをクリックして再生してください。

 

本当は全然読めてないと思いますが、ちょっとした選手の悪ふざけですね!!

 

理想と現実

またまたビルズから珍プレーを。

 

TEのノックス選手がボールをレシーブして、相手を抜こうとする場面。

恐らく彼のイメージではこんな感じで抜こうと思ってたのでしょう。


via GIPHY

 

でも現実ではそううまくいきません。
実際のプレーがこちら

 

 

イタタタタ・・・

ジャンプが足りずに思いっきり相手に当たってますね。しかも痛いところに、、。

 

 

NFL選手でも理想通りにはいかないもんです。

 

それって意味あるの??

お次はペイトリオッツから。

 

タイタンズとのプレーオフでのシーン。

前半終了最後にタッチダウンを狙うパッツは、OLを多く置いてレシーバーがエンドゾーンに行く時間稼ぎをしようとします。

 

あれ?誰も来ないぞ??

 

タイタンズのディフェンス陣は誰もQBを倒しに行きません。笑

それでも、誰も来ないのにキョロキョロしながら守ろうとするOLに愛着が湧いてきますね!!

 

ダクダンス

最後はカウボーイズからの珍場面。

RBエリオットがタッチダウンした後に見せたパフォーマンスが話題になりました!

 

 

これだけだとちょっと変わったダンスだなぁとしか思いませんが、これは同QBプレスコット選手の真似をしたもの。

それがこちら⇩


via GIPHY

これはウォーミングアップの動きだそう。
すごい独特な動きをしますね。笑

 

このアップの動きをエリオットが茶化して、タッチダウン後のパフォーマンスで真似しちゃうんです!

仲がいい証拠ですな。

おまけ:カレッジから

NFLではないんですけど、大学のアメフトリーグからもいくつかご紹介。

 

まずは、キッカーとホルダーの珍プレー。

 

ホルダーがキャッチミスをして再び置いたんですが、今度はキッカーが地面を蹴っちゃうという痛恨のミス・・・。

この後ターンオーバーしてタッチダウンを喰らってしまいました。

 

 

お次はこちら。

 

パスを受けた選手がまさかの審判を盾に進むという荒業を披露!w

味方選手を使ってたらカッコいいんですけどね、審判使ったら危ないから真似しないようにね!!!

 

まとめ

以上、珍プレー集でした!!

本気でプレーしてる中にも、こういったユーモアがあるのもNFLの面白いところ!!

 

こういった珍プレーが多いこともNFLを好きになった理由であります。

 

シリーズ化に乞うご期待!!!

 

~おすすめ記事~

Twitterでフォローしよう