【NFL Top100 in2021】選手達が決めるランキング100! 1位~5位

 

回に引き続き【NFL Top 100】のランキングを発表していきます。

今回でラスト!!(長かった、、、)
ベスト5の発表です!!!

 

NFL Top 100とは
毎年オフシーズンにNFLが行う企画。
前年の活躍からその年のベストプレイヤーを選ぶ。
NFLプレイヤー自身が選ぶので、人気ではなく本当の実力が分かってくる。

5位 トラビス・ケルシー
/ Travis Kelce

Embed from Getty Images

所属チーム カンザスシティ・チーフス
ポジション タイトエンド(TE)
生年月日 1989年10月5日
出身大学 シンシナティ大学
ドラフト順位 3巡目全体63位(2013)
昨年の順位 18位

 

さすがにベスト5となるともう有名人しか出てきませんね。

現在リーグNo.1タイトエンドと言えばケルシーで間違いないでしょう!チーフスが誇るキャッチングマシーンです。

 

昨シーズンはレシーブ獲得1,416ヤードというタイトエンドにおけるNFLレコードを記録し、ワイドレシーバーも含めてリーグ全体2位で終えています。

もうタイトエンドなんだかワイドレシーバーなんだか分からないことになっています。

 

私服もなかなかオシャレでスター選手のオーラというものをまとっています。イケイケです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Travis Kelce(@killatrav)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Travis Kelce(@killatrav)がシェアした投稿

 

 

4位 デリック・ヘンリー
/ Derrick Henry

Embed from Getty Images

属チーム テネシー・タイタンズ
ポジション ランニングバック(RB)
生年月日 1994年1月4日
出身大学 アラバマ大学
ドラフト順位 2巡目全体45位(2016)
昨年の順位 10位

 

あーーーー。4位で出ちゃいましたか。
個人的には1位になってほしかった選手です。

昨シーズンはランだけで2,000ヤードを超える大台に乗せてきました。これは100年の歴史があるNFLの中でも歴代5位となる大記録!!

 

ヘンリーの凄さと言えばやっぱり相手を吹き飛ばすほどの強靭なフィジカルでしょう!

スティフ・アーム(Stiff Arm)という片手で相手のタックルをいなす技があるんですが、ヘンリーはこれで相手を吹っ飛ばしてしまいます。相手選手も体重90㎏ほどあるのにですよ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Checkdown(@thecheckdown)がシェアした投稿

 

このプレーを見たときは思わず立ち上がって興奮しちゃいました。これぞNFLだーー!!!って。

 

 

3位 アーロン・ロジャース
/ Aaron Rodgers

Embed from Getty Images

所属チーム グリーンベイ・パッカーズ
ポジション クォーターバック(QB)
生年月日 1983年12月2日
出身大学 カリフォルニア大学バークレー校
ドラフト順位 1巡目全体24位(2005)
昨年の順位 16位

 

日本でも絶大な人気を誇るロジャース。
渋い顔と最後まで何が起こるか分からない期待感が人気の秘訣ですね。

2020シーズンはキャリアハイの48タッチダウンに対してインターセプトはたったの5つだけ。この安定感はホント羨ましい限り、、、。


スーパーボウルまであと1勝まで行きましたが、要所でタッチダウンが取れず惜しくも敗退。今年こそはスーパーボウルの舞台に戻ってきてほしい!!

でもチームとゴタゴタがあってもしかしたら今年がパッカーズで過ごす最後のシーズンとなるかもしれません。余計目が離せなくなります。

via GIPHY

 

2位 アーロン・ドナルド
/ Aaron Donald

Embed from Getty Images

所属チーム ロサンゼルス・ラムズ
ポジション ディフェンスライン(DT)
生年月日 1991年5月23日
出身大学 ピッツバーグ大学
ドラフト順位 1巡目全体13位(2014)
昨年の順位 3位

 

能力だけで見たらリーグNo.1だと思うのがドナルドです。

デビューしてから7年連続でプロボウルに選ばれ、オールプロは6年連続で選出中。ディフェンスMVP賞はすでに3回も受賞していて、殿堂入りは間違いなしの選手です!

 

ディフェンシブタックルというラインの中で内側に位置しているにもかかわらず、サックを量産してしまう圧倒的なパワーとスピードがあります。もう恐竜に近いですよね。ティラノサウルス的な大型肉食恐竜。

 

昨シーズンはプレーオフに進出するものの、怪我で思ったようなプレーができませんでした。そのせいもあって敗戦後は思わず号泣。こういう選手でも泣くほど悔しいんだって気づけて、心を動かされてしまいました。

 

via GIPHY

 

 

1位  パトリック・マホームズ
/ Patrick Mahomes

Embed from Getty Images

属チーム カンザスシティ・チーフス
ポジション クォーターバック(QB)
生年月日 1995年9月15日
出身大学 テキサス工科大学
ドラフト順位 1巡目全体10位
昨年の順位 4位

 

まぁ、でしょうね!!と納得いく1位です。

昨年には10年間で約540億円という北米4大スポーツの中でも史上最高額となる契約を結んでいます。

 

でもそれだけ強気な契約を結びたくなるのも分かります。だってこんなすごいQBってなかなか現れないですもの。

今まで色んな凄いQBがいましたが、素人がちょっと観ただけじゃ何が凄いんだか分からない選手の方が多いと思います。でもマホームズは一発で「この人すげえやぁ」って思えます。


タイプで言うとファンタジスタなんですよね。
今まで見たことのないプレーを連発してくれるんです。サッカー界だったリオネル・メッシのような感じ。

 

スーパーボウルでみせたこのプレーなんて意味不明ですよ。なんでこの体制からボールが投げられて、しっかりコントロールされてるんだと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Checkdown(@thecheckdown)がシェアした投稿


どうやったらこんなプレーで出るのか分かりませんが、根本的にフットボールを楽しんでいるんでしょうね!だから型に囚われない独創的なプレーができるんだと思います!!

 

 

あわせて読みたい

NFL 2021 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1538)

新品価格
¥1,650から
(2021/9/2 23:39時点)

Twitterでフォローしよう