【NFL Top100 in2021】選手達が決めるランキング100! 11位~20位

 

回に引き続き【NFL Top 100】のランキングを発表していきます。

今回は11位~20位!!!

 

NFL Top 100とは
毎年オフシーズンにNFLが行う企画。
前年の活躍からその年のベストプレイヤーを選ぶ。
NFLプレイヤー自身が選ぶので、人気ではなく本当の実力が分かってくる。

20位 ダルビン・クック
/ Dalvin Cook

Embed from Getty Images

所属チーム ミネソタ・バイキングス
ポジション ランニングバック(RB)
生年月日 1995年8月10日
出身大学 フロリダ州立大学
ドラフト順位 2巡目全体41位(2017)
昨年の順位 21位

 

急成長を見せた2019シーズンからさらに記録を伸ばして、1,557獲得ヤードはリーグ2位の好成績!

走っている時の重心がとにかく低いです。これならタックルされてもそう簡単に倒れないし、鋭いカットバックも効いてきます。

 

群衆からスポンッと抜けるさまは、まるでワインの瓶からコルクが抜ける感じがあって気持ちいい。

 

19位 ブッダ・ベイカー
/ Budda Baker

Embed from Getty Images

属チーム アリゾナ・カーディナルス
ポジション セーフティ(FS)
生年月日 1996年1月10日
出身大学 ワシントン大学
ドラフト順位 2巡目全体36位(2017)
昨年の順位 97位

 

昨シーズンのタックル数はチームトップ記録となり、まさしくディフェンスの中心選手となったベイカー。

身体のバネが他の選手と違うっていうかタックルもジャンプもかなり鋭い。


日本人にも覚えやすい”ブッダ”という名前は、生まれた時にお釈迦様のブッダに似ているからとお母さんが名付けました。

確かに段々悟られたお顔をしてきた気が・・・。

この投稿をInstagramで見る

 

Budda Baker(@buddab32)がシェアした投稿

 

18位 デショーン・ワトソン
/ Deshaun Watson

Embed from Getty Images

所属チーム ヒューストン・テキサンズ
ポジション クォーターバック(QB)
生年月日 1995年9月14日
出身大学 クレムソン大学
ドラフト順位 1巡目全体12位(2017)
昨年の順位 20位

 

もう日本でも有名な選手ですよね。

昨シーズンはリーグトップの成績となる4,823ヤードのパスを投げ、パス成功率も70%越えと凄まじい活躍を見せてくれました。

しかしディフェンスやオフェンスラインが崩壊してチームは4勝12敗と散々な結果に終わっています。

そんな不満やマッサージ店の性的暴行のゴタゴタもあって、テキサンズからトレードに出されたもののどこのチームも動きなしです。

もし他のチームに行くことがあっても十分活躍できる実力を持っているでしょう。もはやチームに恵まれたらスーパーボウルを制覇できるだけの実力はあるはず!

 

17位 ザビエン・ハワード
/ Xavien Howard

Embed from Getty Images

所属チーム マイアミ・ドルフィンズ
ポジション コーナーバック(CB)
生年月日 1993年7月4日
出身大学 ベイラー大学
ドラフト順位 2巡目全体38位(2016)
昨年の順位 ランク外

 

2019シーズンは怪我の影響もありインターセプトはたった1個でしたが、昨シーズンは猛烈な活躍で10個のインターセプトを記録。見事リーグトップの成績を残しました。

相手のカバーだけじゃなくてレシーバーでも捕れないボールを奪い取るキャッチ力がハンパないです。

昨シーズンのドルフィンズは喪失ヤードは多かったものの、失点数はリーグ5位でした。

ピンチの場面でハワードに救われたことが分かりますね!

 

16位  マイルズ・ギャレット
/ Myles Garrett

Embed from Getty Images

属チーム クリーブランド・ブラウンズ
ポジション ディフェンスライン(DE)
生年月日 1995年12月29日
出身大学 テキサスA&M大学
ドラフト順位 1巡目全体1位(2017)
昨年の順位 80位

 

サック数は12.0とリーグ6位の記録。
しかしその数字以上の活躍と存在感を見せてくれましたね!

身体能力の高さはリーグトップクラスなんじゃないでしょうか。バスケやっても簡単にダンクしちゃうし、そもそも肩幅ヤバすぎて嫉妬すら感じます。

 

 

15位 タイリーク・ヒル
/ Tyreek Hill

Embed from Getty Images

所属チーム カンザスシティ・チーフス
ポジション ワイドレシーバー(WR)
生年月日 1994年3月1日
出身大学 ウェスト・アラバマ大学
ドラフト順位 5巡165位(2016)
昨年の順位 22位

 

出ましたーーーーー。
NFLのスピードスター、「チーター」ことヒルの登場です。

彼の凄さはそのスピードでボールをドロップしないのと、難しいボールもキャッチできるボディバランス。

 

最近では人類最速のウサイン・ボルトに70m走で勝負しようぜ!と挑発を連発されてる模様。

やるなら防具とヘルメットも着用しないと公平じゃない気がします。どうでもいいですけど。

 

 

14位 アルビン・カマラ
/ Alvin Kamara

Embed from Getty Images

所属チーム ニューオーリンズ・セインツ
ポジション ランニングバック(RB)
生年月日 1995年7月25日
出身大学 テネシー大学
ドラフト順位 3巡目全体67位(2017)
昨年の順位 42位

 

昨年のクリスマスゲームでNFL最多タイとなる”1試合で6タッチダウン”を達成しました。

最後の方なんて絶対ランで来るに決まってるのに止められないのは何なんでしょう。これがスターRBの実力なんでしょうね。

 

しかしながら今まで4年間のシーズンで、全試合先発した年がないことに気付いてしまいました。

これで全試合出場できるコンディションが整ったらどんな大記録が生まれるんでしょう・・・。たのしみ。

 

13位 ジャレン・ラムジー
/ Jalen Ramsey

Embed from Getty Images

所属チーム ロサンゼルス・ラムズ
ポジション コーナーバック(CB)
生年月日 1994年10月24日
出身大学 フロリダ州立大学
ドラフト順位 1巡目全体5位
昨年の順位 37位

 

自他共に認めるリーグNo.1コーナーバック選手。それがジャレン・ラムジーです。

どんなエースレシーバーとマッチアップしてもいとも簡単に封じ込めてしまい、パスすら投げさせてくれなくなるので存在感まで消させてしまいます。

 

ラムジーがいる限りラムズのディフェンスは安泰ですね。

 

12位 ラッセル・ウィルソン
/ Russell Wilson

Embed from Getty Images

所属チーム シアトル・シーホークス
ポジション クォーターバック(QB)
生年月日 1988年11月29日
出身大学 ウィスコンシン大学
ドラフト順位 3巡目全体75位(2012)
昨年の順位 2位

 

昨シーズンはキャリアハイの40タッチダウンパスを記録したんですが、それに比例してインターセプト数もキャリアハイ。

毎年言ってるんですがシーホークスのオフェンスラインがボロボロ過ぎて投げ急いじゃったりするのが原因です。サック数もかなり多いし。

 

さらにランニングバックも頼りにならない状況でチームを勝たせる能力が凄いし、勝ち方を知ってる選手ってとっても重要な存在なんですね。

ウィルソンもチームに不満があったようで移籍の噂が出ていましたが、なんとか留まっています。ウィルソンにはシーホークスで引退を迎えてほしい、、、。

 

11位 ステフォン・ディグス
/ Stefon Diggs

Embed from Getty Images

所属チーム バッファロー・ビルズ
ポジション ワイドレシーバー(WR)
生年月日 1993年11月29日
出身大学 メリーランド大学
ドラフト順位 5巡目全体146位(2015)
昨年の順位 54位

 

「ミネソタの奇跡」で一躍時の人となったディグス。
正直あそこがピークかなと思ったんですが、とんでもございませんでした。失礼しました。

昨シーズンはバイキングスからビルズに電撃移籍し、QBジョシュ・アレンとホットラインを形成。今までの記録を大幅に上回るキャリアハイの1,535ヤードのレシーブを記録します!

熱い性格の持ち主だし、プレイメーカーとしてチームに大きな影響を与えていると思います。ディグスがビッグプレーを出すとチームが乗り出して止まらなくなる。

まだまだこれからが楽しみな選手です!!

 

 

あわせて読みたい

NFL 2021 カラー写真名鑑 (B.B.MOOK1538)

新品価格
¥1,650から
(2021/9/2 23:39時点)

Twitterでフォローしよう