アメフト用語を調べるのに便利!!

友だち追加

【Not For Long】NFL選手の平均年齢と寿命について。

 

回の記事で”ドラフト指名されてから出場できるまで”という流れを書いてみました。

ドラフトで指名されるだけでも1%前後の確率なのに、契約を勝ち取ってロースターに登録されるまでも至難の業。

そして、NFLは「Not For Long=長くはない」という別名も持っているほど、選手生命は短いと言われてます。

今回は選手の平均年齢や選手寿命について調べてみます!!

 

平均年齢は26歳

2019年の登録選手の平均年齢は25.95歳
会社でいったら26歳はまだ若手ですよね。

そして在籍してる中で一番多い年齢は24歳です。

24歳ってもう年下じゃん・・・。
高校生の時に出会ったNFLは大人の世界って感じでしたが、もう自分がその歳を超えてました(笑)

 

ここで他スポーツの平均年齢も見てみましょう。

リーグ 平均年齢
MLB(大リーグ) 29.2歳
NHL(アイスホッケー) 27.4歳
NBA(バスケ) 26.8歳
NPB(プロ野球) 26.3歳
Jリーグ(サッカー) 28歳

 

バラつきがありますが20代後半が多いですね。

プロ野球が若い理由は、恐らく高卒の新人選手が多いため。ベンチ入りしてなくても平均年齢に入って来ちゃってるので、スタメン選手の平均年齢をみると28.8歳となります。

 

やはり他のスポーツと比べてもNFLは平均年齢が低いのが分かります。

多くのポジションがコンタクト激しめだし、身体能力では若者に勝てなくなってしまうんでしょうね…。

 

選手平均寿命

そっちの寿命じゃありませんで。

NFLのチームに入団してから引退するまで、何年選手として在籍してられるのか。

 

正解は・・・たったの3.3年です。(2019年)

プロとしてのキャリアはたったの3年ほどで終わってしまうわけです。

 

さらにQBやキッカーは比較的長生きしますが、他のポジションはもっと短くなります。

ポジション別の平均寿命です。

コンタクトが多いCBやWR、RBは3年にも満たないです。

石の上にも三年とは言いますが・・・
これでは座ってる間に引退してしまいますね。

 

まとめ

”Not For Long”と呼ばれる理由が分かりました。

我々が観戦して楽しんでる裏側で、選手たちは厳しい世界を生き抜いていたんですね。

ますますありがたみを感じることができました!

 

~あわせて読みたい~

Twitterでフォローしよう